デリカシーゼロ

坂下千里子、「娘の生理はまだ」と明かし「あまりに無神経」「重大なトラウマ」と批判

坂下千里子オフィシャルブログより

 現在2人の子の母親でママタレとしても活躍している坂下千里子が、11月19日放送の『あさイチ』(NHK)で、子どもの性教育の話題に絡め「10歳の娘は生理がまだだけど……」と、自身の子の発育について告白。それに対し、ネット上では「テレビで言うのはひどい!」「学校で子どもがからかわれたらどうするの?」などと批判が噴出する事態となっている。

 この日、番組では“女性の発達障害”を特集しており、相手に会わせて空気を読みすぎてしまい「過剰適応」になってしまった女性や、当事者同士が集まった「発達障害女子会」などを詳しく紹介。その中で、発達障害を持つ子どもが通うデイサービスでは、子どもにも理解しやすいように手作り教材を使って教育を行っているという話題になると、坂下は、10歳の娘の生理がまだきていないことを告白したうえで、「(手作り教材は)みんなにわかりやすくていい」とコメントした。

「坂下は、あくまでも親の立場で、子どもにどう性教育をしていったらいいかわからないという目線で発言したようですが、思春期の子どものデリケートな部分をあけすけに語ってしまったため、ネット上では『全国放送でプライバシーを明かしたらダメ』『自分が娘ならキレる』『子どもが可哀想』『無神経!』などの批判的な声が多く上がってしまいました」(芸能ライター)

 最近は、子どもを出産してからママタレとして活躍するタレントも増えてきたが、子どもの写真をSNSにアップしたり、学校での出来事をブログに載せたりすることで、物議を醸すケースも多い。

 18日には、タレントの紗栄子も、三者面談で息子が授業中に絵を描いていて先生から注意を受けたことをインスタグラムで暴露し、批判の的になっていた。

「息子が紗栄子のために作ったというバースデーカードに絡め、子どもが授業中の落書きで注意を受けたことまで明かしたため『そんなことまで書かれて子どもは嫌だと思うよ』『面談の内容を軽々しくアップするな!』といった苦言が多く寄せられていました」(同)

 芸能人である以上、プライベートを完全に切り分けるのは難しいこととはいえ、“別人格”である我が子のプライバシーを軽々しく明かしたことが、今回の批判につながった様子。

「子どもは敏感だよ」「思春期の女の子にとっては重大なトラウマ」と、子どもを心配する声も多数寄せられているだけに、親として、その後のフォローはしっかりしてもらいたいものだ。

生理って小学生女子には一大事よ!?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

坂下千里子、「娘の生理はまだ」と明かし「あまりに無神経」「重大なトラウマ」と批判のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!