[官能小説レビュー]

飛田、円山町、町田……かつて紡がれた男女の交わりに思いを馳せる『青線~売春の記憶を刻む街』

『青線~売春の記憶を刻む街』(集英社)

 今回は趣向を変えてノンフィクションの作品をご紹介しようと思う。

 「青線」というものをご存知だろうか? 戦後の一時期、売春が認められていた場所を「赤線」と呼んでおり、これと差別化するために「青線」は生まれた。青線は赤線とは違い、非合法に売春が行われていた地帯である。

 昔は全国各地に存在していた赤線、青線地帯だが、売春防止法が施行された現在は当然、その役割をなくしたかのように見える。しかし、かつて青線街であった場所には、現在も昔の名残を残してバーや料理屋として営業する店が連なっている。新宿のゴールデン街や、横浜・黄金町などがそうである。

 本作『青線~売春の記憶を刻む街』(集英社)は、かつての青線の色を強く放っている地域を全国規模で取材し、紹介している作品だ。古くから色街として親しまれてきた地域は、今も男女のいざこざが絶えない。渋谷・円山町などが最たる例である。東電OL殺人事件の舞台となった円山町は、現在もラブホテルが軒を連ね、あちこちで男女が交わっている。

 青線、赤線街として全国的に認知度が高いのは、大阪・飛田だろう。その地域に足を踏み入れると、時代をタイムスリップしたように感じるという。料亭の形で並ぶ店先には呼び込みの老女がいて、その奥にはアイドルやタレントと見まごうほどの美しい女性がニコニコと笑顔を振りまいている——そこで行われているのは「自由恋愛」だ。

 また、思わぬベッドタウンにも青線の色を強く残している場所がある。東京・町田だ。「たんぼ」と呼ばれた町田の青線は、ラブホテル街の中にプレハブ小屋の飲み屋を装った店が立ち並び、そこには外国人の娼婦がいたという。元をただすと米兵相手の日本人娼婦が体を売っていた場所であった「たんぼ」には、現在、その面影はまったくない。しかし、かつての「たんぼ」へ通じる道の前には、現在もラブホテルが立ち並んでいるという。

 本作は東京から大阪、沖縄のチョンの間までも深く取材している。自分自身が住む街はもちろん、旅先にも、かつての青線の面影を色濃く残した場所が存在する。そんな地で、どのような男女の物語が紡がれていたのか、想像するのも面白い。
(いしいのりえ)

身近な街にも

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

飛田、円山町、町田……かつて紡がれた男女の交わりに思いを馳せる『青線~売春の記憶を刻む街』のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 官能小説レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!