仁科友里の「女のための有名人深読み週報」

浜口京子、世間が求める完璧な“メダリスト像”のウラに……娘を縛りつける父と母の陰

浜口京子オフィシャルブログより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます

<今回の有名人>
「恋愛は積極的になれない」浜口京子
『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系、11月11日)

 芸能人はイメージ商売であることは言うまでもないが、時と場合によっては、“キャラ変”ができるという自由を持つ。しかし、そうはいかないのがオリンピックのメダリストではないだろうか。

 1992年、バルセロナオリンピックの平泳ぎで、金メダルを獲得した岩崎恭子の不倫疑惑を「フラッシュ」(光文社)が報じた。岩崎は不倫を認めブログで謝罪したが、さっそく仕事に影響が出ているようだ。「会の趣旨にそぐわない」ということで、講演会のキャンセルが決定したという。講演会は、拘束時間が短い割にギャラがよく、ネタの使い回しもできるので、著名人にとっていい収入源だろうから、この痛手は大きいはずだ。講演会のタイトルは「幸せはいつでも自分でつかむ」だったそう。努力家で克己心が強く、メンタルも強いと思われているメダリストが、不倫という肉欲に走ることは、ふさわしくないと判断されたのだろう。

 メダリストは不倫さえしなければいいのか、というと、そうでもないように感じる。女優・深田恭子が“親友”であるリオデジャネイロオリンピック銀メダリスト・吉田沙保里の誕生日を祝ったことをインスタグラムで報告した。親友と言う割に、深田は昨年、吉田の誕生日を祝うのを忘れたそうだが(吉田は深田の誕生日を祝っている)、この投稿をきっかけに、吉田に対する「東京オリンピックに出るつもりがあるなら、練習しろ」という意見をネットで見かけるようになった。メダリストとは寸暇を惜しんで練習すべきであり、華やかな芸能人との交友はふさわしくないものだという認識があるのかもしれない。

 もしそうなら、世間が求めるメダリスト像とは、結果を出しつつ、浮ついた行動をしない人ということになるだろう。となると、パーフェクトな存在がいる。レスリングの浜口京子である。父親は元プロレスラーのアニマル浜口。父の特訓を受けた娘がメダリストになるというのは、日本人の好む美談であるし、アニマルの「気合だ!」というパフォーマンスも、テレビ受けする。

 浜口はかつて『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、「彼氏がいたことがない」と告白していた。恋愛未経験の女性にアレコレ言うことは、バラエティーであってもセクハラだとして、視聴者に不快感を与える可能性がある。しかし、浜口の場合、超人的な練習を重ねた結果メダルをつかんだことが知られているので、彼氏を作ることが物理的にほぼ不可能だからと解釈される。ゆえに共演者もいろいろ言いやすいし、視聴者も安心して見ていられるだろう。

 浜口自身も恋愛未経験でいじられることに、抵抗感がないのではないだろうか。

 「恋しているの?」という質問の答えは、「している」もしくは「していない」の2択であり、3秒もあれば答えられる質問だと私は思うが、浜口ははにかみながら、くねくねして答えを引っ張る。それを女優やタレントに「かわいい」と褒められる姿は、もはや定番である。

 11月11日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した浜口は、ここでも“恋愛にウブ”キャラで臨む。おネエ軍団への相談として、「マットの上では積極的になれるけれど、恋愛では積極的になれない」と打ち明けるのだ。「出会い系サイトに登録しろ」とか「お酒を飲んで、スキを見せろ」という、どこかで聞いたことのある解答でオチがついたが、確かに浜口の恋愛は難しかろうと思うのだ。

京子、地の果てまで逃げて!!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

浜口京子、世間が求める完璧な“メダリスト像”のウラに……娘を縛りつける父と母の陰のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のための有名人深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!