ママ活の意外な事実

「ママ活」17歳の男子高校生が補導も、「ママ側が罰せられることはない」ワケを弁護士解説

Photo by Osamu Kaneko from Flickr

 先日、Twitter上で「福岡 17さい ままかつしたい#ママ活募集」と、女性に金銭的援助を呼びかけた17歳男子高校生が、福岡県警に不良行為で補導されたというニュースが流れた。署員が身分を隠し、男子高校生にメッセージを送ると、「2時間カフェでまったり会うので7000円」と具体的な料金を知らせてきたといい、こうしたママ活行為が「不良行為にあたる」と判断されたそうだ。

 若い女性の間で、リッチな年上男性と一緒に食事をし、その見返りとして金銭的援助をしてもらうという「パパ活」が広まり、ここ最近、世間の耳目を集めてきたが、ここにきて「ママ活」も登場したことに、ネットユーザーは大きく反応。一方で、今回のようなケースでは、「ママ側は罪にならないの?」「これが高校生じゃなくて、成人男性だったら、どうなっていたのか」など、数々の疑問も上がっている。

 確かに「ネット上で知り合った女性と一緒にカフェでおしゃべりし、お小遣いをもらう」という行為自体は、どこか健全ではない空気が漂うが、では「違法行為なのか?」と聞かれると首を傾げたくなる。そこで、弁護士法人ALG&Associatesの山岸純弁護士に、今回の補導を解説いただくとともに、ママ活やパパ活の違法性についてお話を聞いた。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「ママ活」17歳の男子高校生が補導も、「ママ側が罰せられることはない」ワケを弁護士解説のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー社会のニュースならサイゾーウーマンへ!