[ジャニーズ最新言行録]

Kis-My-Ft2・玉森裕太、『DREAM BOYS』で味わったJr.育成に「疲れた」と苦労語る

指導する立場がホントつらくて無理なタイプもいるもんね

 10月24日深夜放送のラジオ『Kis-My-Ft2 キスマイRadio』(文化放送)には、ファンの間で“玉ヶ谷”と呼ばれている人気コンビ、藤ヶ谷太輔と玉森裕太が9カ月ぶりに登場。9月6~30日まで行われていた舞台『DREAM BOYS』の主演を務めた玉森が、千秋楽後初めて登場し、舞台の感想を語った。

 藤ヶ谷から「どうでしたか? 今年の『DREAM BOYS』は」と聞かれた玉森は、「年齢層がぐっと下がったんですよ。(ジャニーズ)Jr.の子たちの。まだ小さい子たちだし、舞台でお仕事をまだやったことないっていうようなね、グループの子もあったので。なんか、もう今年は後輩をちょっと育てるというか。これから(Jr.たちが)頑張っていくために俺ら3人がいろいろ教えてあげる舞台だったかな、と思うんだよね」と、ともに出演した宮田俊哉、千賀健永と一緒に後輩の指導を熱心にしていたと明かした。

 Jr.を毎日、楽屋に呼んでアドバイスしていたとのことで、「『あそこはこうだったから、こうしよう』とか『こうしたらいいよ』とか。毎日やってたからね~、疲れちった」と、疲労感をにじませた玉森。

 2004年に滝沢秀明が『DREAM BOY』で初演してから、KAT-TUN亀梨和也へと受け継がれていき、玉森が主演に抜てきされたのが13年。今年は2年ぶりの上演となり、通算5回目の主演となったわけだが、実は玉森が初出演した舞台も『DREAM BOYS』だったという。そのため、舞台に初出演するJr.たちにかける思いには、何か特別なものがあり、力が入っていたのかもしれない。

 ファンからも「後輩を育てるドリボ、ちゃんと伝わってたよ」「その努力は確かに実っていたと思います」「座長はじめ、3人が後輩を育てる時期がきたんだね」と感動とねぎらいの言葉が多く集まっていた。

 ただ、まだ演技力が未熟なJr.たちが多かったということで、当初から演出などに不満を漏らしていたキスマイファンが多かったのも事実。そのため、今回の玉森の話を聞いたことで、「来年は玉森くんを利用しないでね」「芝居経験がほとんどない後輩の育成を、ドリボでやるなよ」などの不満も、一部ファンの間では上がることに。

 舞台も終わり、最近はオンラインゲームにハマっているという玉森。見ず知らずの人とオンラインチャットを通じて、会話をしながらプレイすることもあるといい、ゲームに失敗して怒られた経験もあるのだとか。これには「玉森君とチャットできるなんて」「チャットしてる一般男性が羨ましい」「玉森くんに怒るなんてバチが当たるぞ!」などの声が多数上がっていた。

ファンにとっては、一緒にゲームができるだけでもうれしい関係なはず。果たしてオンラインで一緒にゲームできる確率は一体どれくらいあるのだろうか…。
 (華山いの)

上の人は指導者に適任な人を見極めて~

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

Kis-My-Ft2・玉森裕太、『DREAM BOYS』で味わったJr.育成に「疲れた」と苦労語るのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズKis-My-Ft2玉森裕太のニュースならサイゾーウーマンへ!