2018年秋ドラマ初回視聴率

『相棒』『リーガルV』が15%超、有村架純はワースト2! 10月期ドラマ初回視聴率ランク

『相棒 season17』(テレビ朝日系)公式サイトより

 民放の午後8~10時台の秋ドラマがスタートし、初回視聴率では17.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した人気シリーズ『相棒 season17』(テレビ朝日系)がトップに輝いた。2位も同局の米倉涼子主演『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』がランクインした一方で、低迷が続いていたフジテレビの作品が3位に登場。早くも数字面で熾烈な戦いを繰り広げている。

 1位の『相棒』は、初回30分拡大スペシャルを放送。昨年のseason16の初回も30分拡大版で制作され、視聴率は15.9%をマークし、今シーズンは17.1%と前作超えを果たした。今期は、杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)による特命係が4年目を迎える中、“3人目の男”として、青木年男(浅利陽介)が加入。初回には3代目の相棒・甲斐享を演じ、2016年12月に芸能界を引退した成宮寛貴の映像が流れたほか、大木長十郎役の志水正義が9月27日に死去したことを受け、映像やテロップで追悼。10月24日放送の第2話は初回の後編にあたるだけに、こちらも高視聴率が期待できそうだ。

 2位は大ヒット作『ドクターX ~外科医・大門未知子』で主演を務めている米倉主演の『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』。弁護士資格を剥奪された元弁護士の小鳥遊翔子(米倉)が、人材を集めて新たに「京極法律事務所」を立ち上げるところから物語が始まった。共演は林遣都、高橋英樹、向井理、菜々緒、小日向文世ら個性的なメンバーで、初回は15.0%、第2話で18.1%に上昇した。順調とはいえ、視聴者の間では「『ドクターX』の大門未知子が転職したみたいで、なんのひねりもない」「『リーガルV』確かに面白いけど、小鳥遊よりも大門の方が好き」と、やはり『ドクターX』を引き合いに出す声も見受けられる。

 ベスト3位に食い込んだのは、全米でヒット中の弁護士ドラマ『SUITS』を原作とし、舞台を日本に移した『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)。織田裕二が主人公の敏腕弁護士・甲斐正午を演じ、そのバディ(相棒)で完全記憶能力を持ちながらも、フリーター生活を送る鈴木大貴役にはHey!Say!JUMP・中島裕翔がキャスティングされた。織田にとって10年ぶりの月9主演であり、『東京ラブストーリー』(同)以来27年ぶりとなる鈴木保奈美との共演も話題になった影響か、初回は14.2%のロケットスタート。しかし、第2話は11.1%、3話で10.3%に下がり、早くも暗雲が立ち込めている。

反町はヌルっとおいしい役についたなあ

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『相棒』『リーガルV』が15%超、有村架純はワースト2! 10月期ドラマ初回視聴率ランクのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! フジテレビテレビ朝日視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!