[連載]30代女子の「煩悩部屋」ビフォーアフター【煩悩003-7】

開けるとお猪口が降ってくる!? 30女キッチンの「吊り戸棚」を800円で整理整頓!

2018/10/22 21:30

危険な吊り戸棚が、こんなふうに変わりました

 もう一度、片付ける前の写真と後を見比べてみましょう!

【Before】何かを取り出すと、何かが落ちるトリックです

 吊り戸棚に追加したアイテムは、セリアの「ネームバスケット ディープ」(100円/税抜)を6つと、「A4ファイルボックス スリムタイプ」(100円/税抜)を2つです。合計800円(税抜)の予算で、ワンアクションで取り出せるようになりました。

【After】安心感のある戸棚になりました

 右側は、収納ボックスの色(白)を揃えたので、スッキリした印象になりました。毎日使うキッチンは、使う人のモチベーションを上げる見栄えも重要です!

【After】Eさんのキッチン全景

 キレイをキープできたら、キッチンに置くモノのルールを決めるとより快適に進化します。

 色が散らからないように、色や素材の「統一感」にこだわる。ナチュラル系が好みなら、木の色味や素材のモノだけを集めるなどのマイルールを持てば、「余計なモノ」を持ち込まずに済みます。

 キッチンのスペースが狭いなら、「重なるモノ」を選ぶこともポイントです。

 食器や保存容器のカタチがバラバラだと、余分なスペースを奪ってしまいます。鍋やフライパンも「入れ子式」のデザインがあります。このように、「無料でもらったモノ」ではなく「自分のルールで選んだモノ」なら、ゴチャゴチャとサヨナラできます。

 次回は、書類とお酒に埋もれるキッチンカウンターを整理します!

 

――「30代女子の『煩悩部屋』ビフォーアフター」は毎週月曜更新です。次回をお楽しみに!

 

<プロフィール>
ito maki
収納ライター・兼・整理収納アドバイザー1級。おがくず工場に生まれ、ホテル清掃員、国鉄系レストランの厨房、内装会社、デパートの搬入搬出など“家事の土台”を極めた生活を経て、出版社入社ののち独立、現在に至る。モノを手放すほど「幸運」が舞い込むジンクスを何度も体感! 貧乏神と決別した実体験をもって、整理収納の威力をお伝えします。
Instagramはこちらから

 

●連載「煩悩部屋」バックナンバーはこちら

●itomakiさん監修・収納ラベル&タグを全員プレゼント!(応募期限:2018年10月末日迄)


<片付けに悩む[30代・ひとり暮らしの女性]を大募集>

自分のお部屋を片付けたい、都内近郊在住の30代女性を募集。収納ライターのito makiさんが、30代女性・ひとり暮らしの「煩悩部屋」を一掃いたします。URL先の応募要項をご一読の上、ふるってご応募ください!

★応募フォームはこちら★

 

最終更新:2020/02/03 18:43
イノマタ化学 収納バスケット ネームバスケット ワイド ホワイト 5個セット
これと同じやつ買ってくればいいのね!?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

開けるとお猪口が降ってくる!? 30女キッチンの「吊り戸棚」を800円で整理整頓!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 伊藤まき「汚部屋」ビフォーアフターのニュースならサイゾーウーマンへ!