[ジャニーズ最新言行録]

ジャニーズWEST・小瀧望、“アイドル&高校生”の両立振り返り「二度とイヤ」なこととは

まだまだ夜行バス世代でしょ!

 ジャニーズWESTのメンバーがパーソナリティーを務めるラジオ『bayじゃないか』(bayFM)。10月6日深夜の放送回には中間淳太と小瀧望が登場し、4周年を迎えたラジオ番組について振り返った。

 番組冒頭、「4周年を迎えました。これも一重にリスナーの皆さんのおかげです、こんなに長くやらしてもらえるってことは。ありがとうございます。今後もね、5年、6年と続けていけたらうれしいなと思います」とリスナーに向けて感謝の言葉を述べた小瀧。

 当初は、ラジオブースではなくただの会議室で収録を行っていたようで「ほんま懐かしいわぁ」と中間。「今は、もうこのラジオスタジオというかブースでやらしてもらってますけど、ほんとに不思議な光景でしたからね。会議室で(の収録は)何年間くらい? 2年間くらい」と、ブースで収録できるようになるまでに結構な時間がかかったのだとか。

 ラジオを聴いているリスナーからしてみれば、会議室での収録でもブースでの収録でもほとんど変わらないと話した上で、「でっかい会議室のところにマイクがあって。今でこそ、このBGMを流してもらいながら収録とか、スムーズというかラジオっぽい感じでやらしてもらってますけど」(小瀧)「あの時はもう声だけやったもん。これ撮ってんのかな? って」(中間)と、今では考えられない環境だったようだ。また初期は、「スタッフさんとか、このラジオのディレクターさんが笑ってるかを気にしながら」収録していたとか。

 ラジオが始まった時は「高校生でしたから」「なんか取材現場でさぁ、みんながさぁ、わちゃわちゃしてゲームしてる人とかおるのに、俺友達に借りたノート写してたもん」という小瀧に、中間も「そっか~テスト勉強してたからな」と懐かしそうに回顧。小瀧は学校の時間に間に合うように、「夜行バスで帰ったり」したこともあるそうで「もう二度と乗りたくありません、ほんとに」と言うものの、「でも、いい経験でしたね」と振り返っていた。

 「ラジオを通してファンになってくれる人がほんとうに多い」とスタッフからも驚かれているという同番組。8周年だけではなく、ジャニーズの先輩たちのようにこれからも末永く続くラジオ番組をぜひ目指していってほしいものだ。
(華山いの)

ヤコバのつらさは三十路からが本番!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズWEST・小瀧望、“アイドル&高校生”の両立振り返り「二度とイヤ」なこととはのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ小瀧望ジャニーズwestのニュースならサイゾーウーマンへ!