インタビュー

三田佳子の息子は4度目の逮捕――「二世タレントが薬物に手を出す」ワケを臨床心理士が考察

2018/10/06 19:00

親に直接反抗せず、薬物をストレスのはけ口にするのはなぜか?

 ここで気になるのが、そうした二世の悩みが、薬物に手を染めるきっかけになるのかという点だ。

「あり得ると思います。というのも彼らは、親と比較されることへのストレスを、大っぴらに発散しにくいんです。仮に、評価の対象になりうるようなポジティブな活動で発散しようにも、うまくいかなければ親の名声に傷をつけかねません。そうすると、人から知られない、評価の対象にならないもの……例えば飲酒や薬物にストレスのはけ口を求める傾向はあるのではないかと思います」

 ストレスを“隠れた場所”で発散するのではなく、真正面から親自身にぶつけ、反抗してみる、ひいては、家を出るという解決法はないかと頭をよぎるが、そこでも二世特有のしがらみがありそうだ。

「親には反抗しにくいでしょうね。親から与えられているものが多いことは、二世自身もわかっていることだと思います。例えば、三田さんはかなりの額のお小遣いを渡していたそうですし、また中村さんも『息子を甘やかして育てたつもりはない』といった発言をされていたものの、実際には自分の事務所に入れたり、映画で共演するなどチャンスを与えていました。また、親と比較され続けると、アイデンティティの葛藤の中で、“親と同じ道を歩んで、親と同等以上に認められたい”という気持ちが芽生えやすいものだけに、そのチャンスを与えてくれる親に、直接刃を向けるという心理にはなりにくいのではないでしょうか」

 しかし、親が有名であればあるほど、「親を超える」というハードルは高くなるものだ。そうした中で挫折し、ストレスのはけ口を薬物に求めてしまうことは、確かにあるのかもしれない。

「よく二世が問題を起こすと、『親が甘やかしたからだ』と言われがちですが、たとえ親が甘やかしていなくても、先ほど指摘したとおり、周囲が『誰それの子ども』という見方をして、マイナス評価をする、逆に過剰に大事にしすぎること自体が、二世を追い詰めるのです」

立ち直るための心理療法 (ちくま新書)
二世が海外に行きがちなのも理解できる

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

三田佳子の息子は4度目の逮捕――「二世タレントが薬物に手を出す」ワケを臨床心理士が考察のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ