「新潮45」が掲載したLGBT差別を煽る企画に、新潮社内部からも異論の声

 現在、大きな問題となっている「新潮45」(新潮社)2018年10月号に掲載された特別企画「そんなにおかしいか「杉田水脈」論文」。

 Wezzyでも報じた通り(「痴漢も生きづらい」小川榮太郎の破綻した論考を載せた「新潮45」)、「新潮45」の企画に掲載された、LGBTに対する差別や偏見を上塗りにするような原稿の数々には、多くの批判が寄せられた。

 特に、LGBTの人々の生き難さを、なぜか痴漢常習犯の感情と同一視させて、<満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう。そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深かろう。再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だということを意味する。彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ。精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく>などと綴った小川榮太郎氏の文章は、現在の保守論壇がいかに「強きを助け、弱きを挫く」思想に裏打ちされたグロテスクなものなのかということを端的に示す事例であった。

 このような文章を堂々と寄稿する小川氏の考えは到底理解できるものではないが、今回の騒動は小川氏をはじめとした執筆者だけの問題ではない。こういった文章が世に出されることで社会にどのような影響があるかを理解したうえで出版した新潮社および「新潮45」編集部にも大きな責任がある。

 先に述べた通り、今月号の「新潮45」には多くの人から反発の声が起きているが、そういった異論は当の新潮社内部からも出ている。

 新潮社文芸書編集部のツイッターアカウントは、新潮社の創立者である佐藤義亮氏による言葉を引用し、<良心に背く出版は、殺されてもせぬ事(佐藤義亮)>とツイートしたうえで、「新潮45」に対して抗議の声をあげる一般の人のツイートを次々とリツイートしている。

 これには他社からも賛同と応援の声が起こり、河出書房新社翻訳課は<良心に背く出版は、殺されてもせぬ事(佐藤義亮)>のツイートを引用リツイートしたうえで、<長く続く出版社同士。もちろん、時代時代で変わっていく、変わらない訳にはいかないけど。良心に背いても、いいことないぜ、きっと>とコメントし、また、岩波文庫編集部のアカウントも同様に引用リツイートしたうえで<新潮社出版部文芸さんの志、共有したいと思います>とコメントを書き綴った。

 あまり話題とならなかったが、「新潮45」は前号となる9月号でも、著述家の樫原米紀氏による「「おかま」はよくて「男」はダメ お茶の水女子大の「差別」」なるコラムを掲載し、2020年度から戸籍上の性別を問わず性自認が女性のトランスジェンダーの学生の入学を可能にすると打ち出したお茶の水女子大学の施策に対して差別的な言質も多数含んだ原稿を掲載していた(女子大を「時代錯誤の男性差別」だと訴えるウルトラCは、女子大の必要性を逆説的に証明している)。

 今回の件を受けて、社内での自浄作用が働き、「新潮45」がメディアとしてあるべき姿をもう一度見つめ直してくれると良いのだが。

(倉野尾 実)

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「新潮45」が掲載したLGBT差別を煽る企画に、新潮社内部からも異論の声のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!