サイゾーウーマン世論調査

「ブス自虐は本音じゃない」有働由美子、フリー転身で快進撃も「好感持てない男女100人」の言い分

プライベートをさらけ出しすぎ

 人気の一因ともなった“ぶっちゃけキャラ”だが、アナウンサーのプライベートトークに興味のない層もいるだろう。

・「昔は好きでしたが、最近は結婚できない女のオーラが出てしまっているからです」(30代/女性/パート・アルバイト)
・「特に必要のない二日酔いであることなどの本人情報を、NHKという公共の電波でわざわざ伝えてしまうようなところ」(20代/女性/無職)
・「アナウンサーという立場なので、ご自身に関することはあまり語らない方が良いと思います」(40代/男性/正社員)
・「昔はあこがれの女子アナウンサーという印象だったけど、最近は少しさらけ出しすぎていて無理している感じがして、見ていてつらくなるときがあるから」(30代/女性/個人事業主)
・「話が面白くない。内輪の話ばかり。アナウンサー? と思えてしまう。芸能人気取り」(30代/男性/正社員)
・「お酒が好きだと聞き、仕事前日にも呑んで声が出にくくなっているというウワサを聞き、仕事が雑な人なのではと思いました」(20代/女性/正社員)
・「現在は好感度の高いおばさんになりましたが、若い時は交際報道などで騒がせたこともあるので」(40代/女性/個人事業主)

「ワキ汗事件」の印象が……!?

 『あさイチ』内で特集を組んだほど話題を呼んだ有働アナのワキ汗問題。そのイメージが強すぎるとの声もチラホラ。

・「ワキ汗の事件から、少し変わっているなぁと思った。恥ずかしいことではないと思っていたと言っていたが、その感性が変だと思った」(40代/女性/専業主婦)
・「ワキ汗がすごすぎることで、清潔感を感じることができないからです」(20代/女性/個人事業主)

【アンケート概要】
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2018年07月05日~2018年07月19日
■有効回答数:100サンプル

 

最終更新:2018/09/17 15:00
ウドウロク (新潮文庫)
自虐の裏側を読むのが、ウドウの楽しみ方よ

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「ブス自虐は本音じゃない」有働由美子、フリー転身で快進撃も「好感持てない男女100人」の言い分のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報アナウンサーのニュースならサイゾーウーマンへ!