[ジャニーズ・メディアの裏側]

King&Prince、日テレ「シンドラ枠」トリプル主演も平野紫耀と永瀬廉が不在のワケ

Mr.KING&Prince
いやいや、ジャニーズは他にも枠があるから余裕があるんですよ!

 King&Princeの高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹が、日本テレビ系「シンドラ」枠で10月からスタートする連続ドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』で“トリプル主演”を務めることがわかった。恒例の“ジャニーズ枠”にキンプリが初登場となったが、一方でジャニーズ事務所に対する日テレサイドのスタンスが、一部関係者の間で疑問視されているようだ。

「漫画家・いづみかつき氏の原作を実写化した同ドラマで、高橋と神宮寺、岩橋は所属するサッカー部をサボることばかり考えている男子高校生を演じます。キンプリは今年5月にシングル『シンデレラガール』でデビューしたばかりなので、メンバーの活躍はファンにとって喜ばしいものでしょう」(テレビ局関係者)

 2017年6月から設置された同枠は、これまでも多数のジャニーズアイドルが出演してきた。

「現在放送されているのは、今年7月から放送を開始した『トーキョーエイリアンブラザーズ』で、Hey!Say!JUMP・伊野尾慧とA.B.C-Z・戸塚祥太がダブル主演を務めています。深夜ドラマなので視聴率は見込めず、完全にファン向けの枠なのですが、実は来年1月期には、乃木坂46のメンバーが同枠で主演を務める予定となっています」(同)

 放送されるのは、乃木坂の新プロジェクトとして今年11月に上演される舞台『ザンビ』のドラマ版で、メディアミックス作品として、齋藤飛鳥や秋元真夏などの中心メンバーが出演するという。

「この『シンドラ』枠をめぐる情報に関連して、『乃木坂は力が入っているのに、ジャニーズは適当なのでは?』との声が出ているんです。というのも、ジャニーズは、17年6~8月にかけて放送していた同枠ドラマ『孤食ロボット』にHey!Say!JUMPの有岡大貴、高木雄也、八乙女光を出演させるなど、エース級ではないメンバーを起用し続けています」(同)

 今年4~6月の『○○な人の末路』も、Kis-My-Ft2から横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永と、フロントメンバーではなく「舞祭組」の4人が登板した。

「新たに始まる『部活、好きじゃなきゃダメですか?』も、キンプリの中で人気が高い平野紫耀や永瀬廉は選ばれず。視聴者層が限られている枠ですし、そこまでの勝負には出られないということでしょうが、乃木坂に関してはフロントメンバーを投入するという話だけに、ジャニーズが“軽く見られている”とも言えます」(同)

 鮮烈のデビューから勢いづいているキンプリだけに、選ばれたメンバーにはぜひとも結果を残してもらいたいものだ。

知名度低くても主演できるジャニーズの力がすごいのでは?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

King&Prince、日テレ「シンドラ枠」トリプル主演も平野紫耀と永瀬廉が不在のワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! King&Princeジャニーズのニュースならサイゾーウーマンへ!