[ジャニーズツッコミ道場]

King&Princeデビュー公演、胸が熱くなった中村嶺亜や金田耀生らジャニーズJr.の姿

かつての仲間たちのバックで踊る中村嶺亜

 なかでも嶺亜は、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹などと一緒に、かつてSexy Zoneのバックを務め(通称・セクバ)、シアタークリエでのJr.公演『ジャニーズ銀座』では、KINGの3人と共に4人で公演を行ったこともある。しかも、雑誌「Myojo」(集英社)が行うJr.の人気投票企画において、「恋人にしたいJr.」部門で常にトップ10に入っている人気Jr.だ。

 人気だけでも、実力だけでも、デビューできるわけじゃない、まして「仲良しこよし」が通用するわけじゃない芸能界。とはいえ、そんな彼が、かつての仲間たちのバックダンサーとしてニコニコ楽しそうに踊り、周りをスケボーで走り、楽器まで演奏している姿を見ると、なんだか胸が熱くなった。

 そして、もう1つ胸が熱くなったのは、「ジャニーズJr. SP(スペシャル)」に、歌唱力の高さでかつて注目されていたJr.の金田耀生が加わったこと。「ジャニーズJr. SP」は、7月の公演『裸の少年』では4人組だったのに5人に増え、名前も「スペシャリスト」から「スペシャル」に変わっている。

金田は、かつてHiHiの井上瑞稀・橋本涼とともに、『滝沢演舞城』などで活躍してきた、通称「ちび6」と呼ばれる若き技能集団のメンバーだった。しかも、「ジャニーズJr.SP」には、かつての「ちび6」仲間で、アクロバットにおいてはSnow Man・宮舘涼太や佐久間大介などに続く、次世代エース職人の林蓮音がいる。

私大の附属高校に通っていると言われる金田が、しばらく表舞台に出てこなかったのは、おそらく学業優先だったのだろう。内部進学が決まったタイミングで復帰したのではないかと思うが、もちろんこれは臆測にすぎない。

それにしても、歌のスペシャリストとアクロバットのスペシャリストが、こんなかたちで合流する日がくるとは、正直思わなかった。憎いよ、ジャニーさん。

 嶺亜も金田も林も、かつての仲間たちはデビューしたり華やかなユニットに所属したり、退所してしまっていたりと、別々の道を歩んでいる。しかし、不遇に見える時期があっても、辛抱強く見守っていくと、思いがけないタイミングで浮上し、日の目を見ることがあるのだから、応援せざるを得ないのがJr.ファンの心情だろう。

 ちなみに、この日、「少年忍者」よりもさらに小さなピヨピヨの少年たちがたくさんいるようにも見えた(バックの子たちはスクリーンにあまり抜かれないので不確かだが)。もしかして、いきなりの「YOU出ちゃいなよ」最新版だろうか。

 人気者として旅立ったKing&Princeのバックに見え隠れする、さまざまなJr.たちの姿に、ジャニーさんの最近の絶好調ぶりを見た。
(田幸和歌子)

最終更新:2018/08/13 13:22
Prince 1st PHOTO BOOK 『 Prince Prince Prince 』
完成されすぎたステージで物足りなさも……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

King&Princeデビュー公演、胸が熱くなった中村嶺亜や金田耀生らジャニーズJr.の姿のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズツッコミ道場King&Princeのニュースならサイゾーウーマンへ!