[連載]30代女子の「煩悩部屋」ビフォーアフター【煩悩002-8】

キッチン掃除はコストコの「コレ」が大正解! 汚部屋30女の“汚台所”を“3つの道具”で解決

 20代の捨てられない思い出、過去の恋愛、三日坊主のアイテム、蓄積された趣味のコレクション、不安の数だけ溜まるストック商品……。収納ライター・ito makiが、30代・女性のひとり暮らしにありがちな、モノと煩悩に支配された“汚部屋”を一掃。ゴミという名の過去を捨て、心ごと汚れを洗い流し、願いが叶う“悟り部屋”に変えていきます!

【煩悩002-8】G退治に苦戦する”汚台所”をどうにかしたい!……掃除編(Cさん・34歳)

1

 引き続き、第2回目のクライアント・東京の新宿区に住むCさん(34歳)のお部屋を片付けていきます。

 前回は、洗濯機と玄関まわりに必要なモノを配置して、生活動線をスムーズにしました。今回は、Cさんの部屋・最大の汚れスポット「キッチン」です。

 「自炊をしたいけれど、家に帰ると疲れちゃって」とCさん。溜まった汚れを一気に落とそうと思いながら、悪化してしまったパターンです。一度こうなると、やる気もダウンします。

 このままでは、水回りの神様が泣いてしまいます。

 

水の流れを良くすると、運気も良くなる

 Cさんは、本棚の上にお神札をお祀りしているので、運気に関心があるはず。お神札には「明るくて清潔な場所(目線より高い場所)へ置く」という掟があるのですが、実は、風水にも「水の流れを良くすると、運気が良くなる」という教えがあります。

 汚れを溜め込んでいると、運気や空気が乱れるばかりでなく、水アカや黒カビ、虫が増えて気力を奪っていきます。

600-08_2a
 写真の小さな黒い粒子は、ゴキブリの糞です。食品カスや水滴の多いキッチンは、ゴキブリにとってパラダイスです。

 実際、Cさん自身ゴキブリ退治に苦戦しているようで、殺虫剤がいくつもありました(過去記事参照)。汚れを溜めると、頑固な汚れを落とす洗剤や、殺虫剤を購入する費用もかかります。

 どうすれば、水回りのキレイを維持できるのでしょう?

 どうすれば、ゴチャゴチャしないキッチンになるのでしょう?

 このキッチンを、今回の【掃除編】と、次回【収納編】の2記事にわけてご紹介していきます。

黒いアイツ、まじで撲滅したい

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

キッチン掃除はコストコの「コレ」が大正解! 汚部屋30女の“汚台所”を“3つの道具”で解決のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 汚部屋掃除ito makiのニュースならサイゾーウーマンへ!