[連載]30代女子の「煩悩部屋」ビフォーアフター【煩悩002-7】

「ランドリーラック」が実は鬼門!? 汚部屋30女の「脱衣所」が廃墟化するワケ

 20代の捨てられない思い出、過去の恋愛、三日坊主のアイテム、蓄積された趣味のコレクション、不安の数だけ溜まるストック商品……。収納ライター・ito makiが、30代・女性のひとり暮らしにありがちな、モノと煩悩に支配された“汚部屋”を一掃。ゴミという名の過去を捨て、心ごと汚れを洗い流し、願いが叶う“悟り部屋”に変えていきます!

【煩悩002-7】廃墟のような「洗濯機まわり」と「玄関」を清潔に!(Cさん・34歳)

600-06_1 引き続き、第2回目のクライアント・東京の新宿区に住むCさん(34歳)のお部屋です。

 前回は、重たい「プラスチックチェスト」を手放して、快適なデスク空間を作りました。今回は、洗濯機まわりと玄関を、清潔な空間へと変えていきます。

 「ランドリーラックが壊れていて、いつか捨てようと思っていた」とCさん。実はランドリーラック選びは、難しいのです。洗濯機の下にある「防水パン」のサイズを考えたうえでグラつかないアイテムを選ぶなら、それなりの予算が必要です。しかも大きな商品なので、失敗したら写真のように「モノが置けない物置」と化してしまうことも……。

 幸い、コレは組み立て式なので、分解して不燃ごみに出すことができましたが、Cさんのように「不要なモノとわかっていても、処分に悩んで後回し」というケースはよくあります。それにより、不要なモノのまわりがゴミの吹き溜まりになりがちに……。

 大きなモノを購入する際は、「手放す時」のことまで考えて選びたいですね。

片づけられない人の最終手段! 人生を救う10分片づけ術&収納ワザ (サクラムック)
大物のゴミって、バラすのも億劫だから

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「ランドリーラック」が実は鬼門!? 汚部屋30女の「脱衣所」が廃墟化するワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 汚部屋掃除ito makiのニュースならサイゾーウーマンへ!