難易度高め?

綾野剛『ハゲタカ』、初回11.9%も「髪形で台無し」「バルクセールって?」と視聴者困惑

hagetaka250
『ハゲタカ』(テレビ朝日系)公式サイトより

 綾野剛が主演を務める連続ドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系)が7月19日よりスタートし、初回平均視聴率11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。決して悪い数字ではないにもかかわらず、ネット上には“コレジャナイ感”が漂っている。

「同ドラマは作家・真山仁氏の同題小説が原作で、2007年にNHKでも大森南朋を主演にドラマ化されています。“ハゲタカ”と呼ばれる主人公の外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』の代表取締役・鷲津政彦(綾野)が、大手銀行や企業を相手に大胆な買収を仕掛けていくストーリーです」(芸能ライター)

 第1話は、鷲津がアメリカから帰国した1997年に、日本初の“バルクセール”を実施した三葉銀行との買収劇が描かれた。バルクセールとは、不良債権や不動産を第三者にまとめ売りすること。三葉銀行の資産流動化開発室室長・芝野健夫(渡部篤郎)は、最低300億円での買い取りを希望していたが、鷲津から信じられない評価額を提示される……という展開が繰り広げられた。

「好視聴率発進を遂げただけあって、ネット上でも『とりあえず続きを見たいと思えた』とそこそこの評価を得られていますが、一方で『綾野に求めているのはこういうのじゃない』との指摘が多数寄せられていました。まずは演技についてですが、『いかにも“演技してます”って感じだけど、気合入りすぎてるの?』『わざとらしくて変』『綾野好きなのに、見たかったのはこんな違和感だらけの綾野じゃないんだよ!』などと言われています」(同)

 さらに、鷲津のヘアスタイルが気になったネットユーザーも少なくないらしい。鷲津は前髪を半分だけ下ろし、それが額でウェーブしているのだが……。

「『うねってる前髪がキモい』『カッコいい顔が髪形のせいで台無し』『髪形チェンジ!』という悲鳴やクレームが飛び交っている状況。こうした意見が本人か、せめてドラマスタッフに届くことを願います」(同)

 また、バルクセールなど世間では聞きなれない言葉が使われるため、「なんか難しい話」「原作読んでないと厳しいかな?」といった声も出ている。視聴者を置いてけぼりにすれば、数字も当然下がるだろうが、次回はどうなることか。

なんでこの前髪にしちゃったかね~

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

綾野剛『ハゲタカ』、初回11.9%も「髪形で台無し」「バルクセールって?」と視聴者困惑のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報視聴率男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!