「元極妻」芳子姐さんのつぶやき30

「ヤクザのナンパ」に中止命令!?  元極妻が考える、今どきの暴力団の扱い

gokutsuma30 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

■大洪水の処理もヤクザなら早いのに……

この原稿を書かせていただいている7月11日も、まだ西日本の豪雨被害が続々と伝えられています。気象庁が「平成30年7月豪雨」と名付けたそうで、平成最後に最悪の水害……というのは、なんとも悲しいことですね。11日22時現在の報道では、13府県で死者175人、行方不明や連絡の取れない人は少なくとも61人、土砂災害は483件だそうです。これからは農作物の被害も深刻ですね。

震災もそうですが、21世紀でもこんな被害が出るのは驚きとしか言いようがないです。被害のない場所にいる私はコンビニでお釣りを募金させていただくくらいですが、ヤフーやLINEも募金を受け付けているそうですよ。ネットといえば、岡山県は32人の安否不明者のお名前などをサイトで公表したら、生存情報が寄せられて、不明者は18人にまで減ったそうです。まだ18人も……。でも、ネットすごいですね。

 前回は大阪北部の地震について書かせていただいたのですが、やっぱりこういう時は、ヤクザの出番だったのですけどね。おうちの中に入った泥のかきだしなんかも、うまいもんですよ。親分の号令の下、てきぱきと作業を進めます。警察も親も先生も怖くないけど親分は怖いから、みんながんばるのです。今なんか、ヘタに被災地に入ったら通報すらされちゃいますからね。

■ナンパはヤクザの仕事みたいなもの

 1995年の阪神・淡路大震災の際も、すでにマスコミはヤクザの災害支援をスルーしていましたが、それでもあの頃はまだできていました。テキヤによる焼きそばの炊き出しとか大好評でしたからね。海外のマスコミは、おもしろがって報道してましたけど。

 日本のヤクザは、事務所とトップの名前と顔と自宅を広く知られているわけですが、これは外国のマフィアではありえないことですし、ましてやマフィアが表立って災害支援なんかするわけないので、単純に「珍しい」のだと思います。

 で、若い衆は被災地でもナンパしたりするわけです。ナンパはヤクザの仕事みたいなもの。ヤクザにとって人生でいちばん大切なのは「モテ」なので、ナンパは最重要課題なのです。

 でも、6月1日付で、なんとヤクザに全国初の「ナンパ」中止命令が出たそうで、不良の間では話題になりました。報道によりますと、5月中旬に40~70代の幹部組員ら3人が組事務所近くで20代の女性の腕を引っ張り、立ちふさがったりにらみつけたりして「電話番号を教えろ。今から言う番号にかけてくれ」などと要求したそうです。これに対して、千葉県警が、暴力団対策法に基づく中止命令を出したとのこと。

 そもそも、これって事実なのでしょうか? 事実なら、これは「ナンパ」じゃなくて強要罪とかですよ。さっさと逮捕(パク)ればいいのに、何を意図して「ナンパ」の「中止命令」を出したのか、ほんと意味がわかりません。「70代のオジーのヤクザがいいトシしてナンパ」を前面に出して、ウケを狙いたかっただけのような気がします。

 あと、警察に限らず、お役所は「初物好き」ですよね。「日本初の」とか「女性初の」とか。でも“ヤクザ初”のナンパ中止命令……。警察は、よっぽどネタに困ってるのでしょうか? もうギャグでしかないです。

 前から気になってましたが、何かやらかして報道される有名人さんは、たいてい「事実と違うことを書かれた」とおっしゃってますよね。私も覆面で書いてますんで、お聞きしづらいところではありますが、ご本人にお聞きしたら、やっぱり「ぜんぜん違うお話」なのだと思いますよ。

中止命令って逮捕じゃないのか

しぃちゃん

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「ヤクザのナンパ」に中止命令!?  元極妻が考える、今どきの暴力団の扱いのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 元極妻・芳子姐さんのつぶやき暴力団災害のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック