収録後にはハグした2人

デミ・ムーア、元夫ブルース・ウィリスを前に「結婚生活も『ダイ・ハード』シリーズもクソだった!」

「え? 『ダイ・ハード』の続編がクソだってナイショなの?」

 新作映画『デス・ウィッシュ』で、復讐の鬼と化す主人公を熱演したものの、映画評論家から酷評されているブルース・ウィリス。そんなブルースが、米コメディ専門局「コメディ・セントラル」が不定期に放送している、“セレブがセレブ友達にけなされ、笑いネタにされる”名物番組『ロースト』の「いけにえ」になると発表されたのは、今年4月のこと。「テロリストからの攻撃やアルマゲドン、恋愛や己の死までも乗り越えてきた男だが、『ロースト』はどうかな」という同局社長の言葉に、多くの人が期待を寄せたものだった。

 その撮影が7月14日に行われ、公開された一部内容に世間はびっくり仰天。元妻のデミ・ムーアが「イジり役」として登場し、彼との結婚生活がいかにひどいものだったかを暴露したからだ。

 米エンタメサイト「デジタル・スパイ」によると、司会のジョセフ・ゴードン=レヴィットに紹介されてステージに現れたサプライズゲストのデミを見て、ブルースは本気で驚いていたとのこと。

 デミは動揺を隠せないブルースに構うことなく、「私たちの結婚生活って『シックス・センス』みたいだったわよね。あなた、ずっと死んでたし」と、“自分が死んでいることに気づかず、妻に無視され、浮気していると思い悩む”小児精神科医役をブルースが演じた、映画『シックス・センス』(1999)を引き合いに出して、「最悪な結婚生活だった」と振り返った。ほかにも、「ブルースとは『ダイ・ハード』シリーズの3まで結婚生活を送ってたけど。あの映画の2と3はクソだったから(離婚しちゃうのも)納得よね」と、世界的な大ヒットシリーズを手厳しく批判。

 また、「ブルースは、“オレにとって最大の失敗”は、私との結婚生活を終えたことと思っているみたいだけど。ブルース、そんなに思い詰めないで」と優しく語りかけた上で、「あなたにはもっとひどい失敗があるじゃない。プラネット・ハリウッドに、『ハドソン・ホーク』でしょ……マイケル・デュカキスのキャンペーン、『オーシャンズ11』でジョージ・クルーニーが演じた役のオファーを『ハーモニカ演奏に集中したいから』と蹴ったこと」と、古傷を容赦なくえぐった。

父ちゃんはハゲてるし、娘はアゴ隠してるし、ヘアスタイル大事な家族ね

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

デミ・ムーア、元夫ブルース・ウィリスを前に「結婚生活も『ダイ・ハード』シリーズもクソだった!」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブデミ・ムーアブルース・ウィリスのニュースならサイゾーウーマンへ!