インタビュー【後編】

King&Princeデビューは「小手先の戦略」!?  企業コンサルタントが「崩壊するジャニーズ」に助言

kingandprince01
ジャニーズ公式サイトより

 今年に入り、不祥事やタレントの退所、活動休止が相次ぐジャニーズ事務所。前編では、SMAP解散騒動以降、事務所の実権を握っているとされる藤島ジュリー景子副社長について、企業コンサルタント・大関暁夫氏から「コミュニケーションの流れを変える組織運営こそが重要」という話をお聞きした。後編では、その具体例を探っていきたい。

(前編はこちら)

――今年、ジャニーズ事務所はトラブル続きですが、一方で明るいニュースもありました。King&Princeという若手の新しいグループがデビューし、5月に発売されたシングル「シンデレラガール」は初週57.7万枚を売り上げています。ジャニーズにいい流れをもたらしてくれる存在と、期待を寄せるファンも多いです。

大関暁夫氏(以下、大関) それは、先ほど述べたような「コミュニケーションの流れを変える」というのとはまた別の話。組織内でどのような意思決定があって彼らを売り出すことになったのかはわかりませんが、傍から見ていると、小手先の戦略に近い感じがします。もう一度、サッカー日本代表を例に出しますが、これはつまり、ハリルホジッチ監督と選手間のコミュニケーションがうまくいっていない中、「だったら若い選手を集めて新しいチームを作り直そう」と言っているようなものでしょう。それは現実的に考えて問題解決にはならない。新しい選手も、監督に対して同じ不満を抱くことになるでしょうし、気持ちの緩みが出てくると思います。日本代表は、年齢層が高いことから「おっさんJAPAN」などと呼ばれていましたが、ジャニーズも同様に、稼ぎ頭となっているのは、ベテラン勢ではないでしょうか。やはり内部のコミュニケーション円滑化に彼らの力を借りないと、組織としての立て直しはあり得ないと思います。

――確かに、露出の多い嵐は30代半ばから後半、TOKIOも長瀬智也は39歳ですが、ほかのメンバーは40代です。

大関 そういった中心で動いているベテランの気持ちを組織に引き戻す、気持ちを1つにすることが重要だと感じます。小手先で「若い奴らに変えればいいじゃないか」というのは、最終的にはうまくいかないと思います。

 SMAPが解散、TOKIOの山口達也さんが不祥事を起こし、関ジャニ∞の渋谷すばるさんが退所……と、上から崩壊していっている点も気になります。次に、V6や嵐が何か問題を起こすとなると、それこそ雪崩のように組織が崩壊していくのではないかと。それが一番怖いですよね。組織のトップは、それをいかに食い止めるのかを考え、行動を起こすべきでしょう。

ジャニーさん、あと50年は生きてほしいのが本音

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

King&Princeデビューは「小手先の戦略」!?  企業コンサルタントが「崩壊するジャニーズ」に助言のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズインタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!