自分劇場

復帰後の高畑淳子、涙ながらに“猪突猛進”表明も「被害者アピールうんざり」と辟易する声

takahata250
高畑淳子公式プロフィールより

 6月27日放送の『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)に、高畑淳子が登場。2016年に強姦致傷容疑で逮捕された息子・高畑裕太は現在も芸能活動休止中だが、淳子は一時休養後、17年にテレビ復帰。トーク番組で涙を見せることも多い淳子に対し、ネット上には「被害者ヅラするのもいい加減にしろ」と、呆れた声が噴出している。

「同番組は、ゲストの同級生を探し出して“今何をしているのか”を明らかにし、同級生サイドからはゲストにまつわるエピソードを聞き出す……という内容。桐朋学園芸術短期大学時代の淳子の同級生として出演したのは、かつてお笑いトリオ・キャラバンのメンバーだった男性で、淳子に対し『一生変わらず、このまま猪突猛進してください』と、メッセージを送りました」(芸能ライター)

 同級生からの言葉に感激した淳子は、涙ながらに「(ともに夢を追った)みんなの気持ちを運ぶためにも、よくやった、と言われる仕事を(していきたい)」と、決意を新たにしたが……。

「淳子は休養を経て、このような“お涙頂戴”的な出演が目立つため、ネットユーザーから『息子のやったことだから淳子は普通に女優を続けたらいいと思うけど、ずっと被害者ヅラしてるみたいで違和感ある』『トーク番組に出るたびに同情を買うようなアピールするのやめろ』といった指摘が相次いでいます」(同)

 というのも、淳子は今年4月放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)に出演した際も涙したほか、「私は世の中全部恨んでいるところもある」などと発言し、ネット上で「まるで“裕太は悪くない”と主張しているようだ」と、批判された。

「そもそも裕太が逮捕された当時の会見でも、淳子は『(面会で)どんなことがあってもあなたのお母さんだからね、と言った』と語り、『甘いのでは?』と物議を醸しました。その後、一部では淳子が裕太を俳優として復活させたがっているという情報もありましたけど、今月12日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)は裕太を直撃しており、本人は『復帰なんてできません』と、断言しています」(同)

 裕太は、淳子について「相談すると全部あの人の主観で答えちゃうんですよ。だから、俺のやりたいことと、あの人のやりたいことがマッチしない」とも話していて、ネット上には「母親が暴走してるってことか」「子離れできない淳子が、裕太の更生を邪魔してるのでは?」などと心配されている。淳子は女優の道だけを猪突猛進し、裕太のことに関しては見守る立場になってほしいものだが、果たして……。

裕太もかわいそうになってくる

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

復帰後の高畑淳子、涙ながらに“猪突猛進”表明も「被害者アピールうんざり」と辟易する声のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!