職業柄というのもあるね

土屋太鳳、菊地亜美、ロッヂ・コカド……「滑舌」に悩み手術に踏み切ったタレント4人

taochantaochan
『DOCUMENT』(東京ニュース通信社)

 女優の土屋太鳳が、5月25日にインスタグラムを更新。かつて経験した滑舌改善手術を振り返り、ネット上で「前向きな姿勢が素敵!」「同じ悩みを抱えている者として、太鳳ちゃんの言葉がうれしい」などと大きな注目を集めている。

 幼少期から“舌小帯短縮症”だったという土屋は、16歳のときに“舌小帯”の手術を受けたといい、「コメントにも時々舌小帯について書いてるかたがいらっしゃるのですが」と自ら言及。「体のこんな小さな部分を本当にちょっと変えただけなのにこんなに痛いんだ… と驚きました」と振り返り、「大切なのは、舌小帯の問題に気がついて治療に踏み出せたということでその一歩はとても大きい」「楽しいことを話したりしながら励ましながら、時間を味方につけてどうかお大事にしてください」と応援のメッセージを綴った。

「タレントの菊地亜美も、土屋と同じように滑舌改善の手術経験を明かして話題を呼んだ1人。2017年2月放送の『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で、菊地は費用1万円で手術を勧められたことを告白。手術後には舌の真裏に隙間ができてご飯粒が入り込むようになってしまったり、出血により枕が血で染まったこともあったそうです。衝撃の告白でしたが、一部では『活舌悪いイメージなかったんだけどな』『1万円の病院なんて危なすぎる』『手術の必要はなかったんじゃない?』といった声が上がっていました」(芸能ライター)

 お笑いコンビ・ロッチのコカドケンタロウは、14年に滑舌改善手術を受けている。

「コカドが改善手術に至るまでの経過を、『バナナマンの決断までのカウントダウン』(フジテレビ系)が密着しました。ネット上には『私も滑舌悪いから他人事じゃないんだよね』『コカドさん、そんなに悩んでたんだ』『聞き取りにくいって怒られたことがある身としては、コカドさんの気持ちよくわかる』と共感の声が続出。その後出演した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では改善が見られたものの、今まで言えていた“ら行”が言えなくなったと明かしています」(同)

 10年にブログで滑舌改善手術について語ったのが、女優の中村ゆり。

「中村はファンからの『ボイトレとして、何かやってることはありますか?』という質問に、『私は舌足らずで、調べたら舌の裏の筋が人より繋がっていて数年前にその筋を切る手術を受けました』と前置き。ファンにアドバイスを送りながら、『自分の欠点を知る事』と締めくくっています。しかしその後も、ネット上には『滑舌の悪さ、なんとかならんのかしら』『滑舌が気になって、セリフが耳に入ってこない』といった声がみられました」(同)

 体に抱える悩みは人それぞれ。声が仕事にかかわる職業だけに、手術に踏み出すのも前向きな決断といえるだろう。

むしろ1万円でよくやる気になるね

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

土屋太鳳、菊地亜美、ロッヂ・コカド……「滑舌」に悩み手術に踏み切ったタレント4人のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレント男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!