【ジャニーズ研究会レポート】

King&Prince平野紫耀出演の『花のち晴れ』、原作ファンからは「原作と離れすぎ」との指摘も

平野紫耀
晴と平野には、底抜けのおバカでいてほしい

 King&Prince・平野紫耀出演の連続ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)の第7話が5月29日に放送され、平均視聴率7.5%を記録。第6話の8.3%から0.8ポイントのダウンとなってしまった(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 本作は、セレブが通う英徳学園を舞台にした『花より男子』の新章で、神楽木ホールディングスの御曹司・神楽木晴(平野)を中心とするスーパーセレブグループ「C5」と、元はお金持ちだったが今は貧乏暮らしの“隠れ庶民”の江戸川音(杉咲花)、音の婚約者で桃乃園学院に通うエリート高校生・馳天馬(中川大志)の恋模様を描く青春ラブストーリー。

 晴の告白を断り、天馬の元へと向かってキスを交わした音。天馬から桃乃園学院への転校を勧められるが、なぜかモヤモヤを抱えていた。一方、音に振られてやぶれかぶれになった晴は、C5・平海斗(濱田龍臣)の提案で庶民に退学を宣告する“庶民狩り”を再開。そんなある日、晴は父・巌(滝藤賢一)に食事に誘われ、ようやく認められたと喜ぶ。しかし、それはホテルチェーンの娘で、晴に思いを寄せるメグリンこと西留めぐみ(飯豊まりえ)との婚約話のためだった。

 「お前程度の男にはもったいない女性」「こいつはまだまだ未熟。10点満点で言えば5点」などと、メグリンを前に巌から言われっぱなしの晴。見かねたメグリンは立ち上がり、「私たちをビジネスに利用しないでください!」とキッパリ断言し、晴を連れて出ていってしまう。その夜、晴が行方不明になったと聞いた音が、晴の憧れの人・道明寺司(松本潤)の邸宅へ向かうと、晴はそこに一人佇んでいた。2人は道明寺家のメイド頭のタマ(佐々木すみ江)と秘書の西田(デビット伊東)に招かれ、お茶を飲むことに。そこで、晴は子どものころから「完璧な息子しかいらない」と否定され続けてきたことを告白。しかし、道明寺も完璧ではなかったということを聞かされて……。

 これまで音と晴の軽妙な掛け合いや、晴のお坊ちゃんらしい突飛な言動が魅力のひとつとなっていた本作だが、今回はコミカルな場面は一切なく、親からのプレッシャーに苦しんできた晴の心理描写や、英徳で“庶民狩り”が始まった経緯など、晴の過去が中心に描かれた。親に愛されないという深刻な悩みを抱え、それを自ら克服していこうとする晴の姿に、平野ファンは「晴の幸せな顔が早く見たい」「表情だけで感情が伝わってくる」「晴の成長が目覚ましい」「神楽木どんどんかっこよくなる」と、大きな前進を感じたもよう。

 その一方で、今回からドラマのオリジナル色が強くなったよう。もともと細かな設定は原作と異なっているが、原作のクライマックスとなっている「益荒男祭」と「サマースクール」への展開が一向に見えず、ドラマでは晴の親子関係が大きなウエイトを占めていることから、「晴らしくない」「ただただ晴が不憫」「晴と音が言い合いしているところが見たい」「原作を忠実に表現してくれ」「6話までとギャップありすぎ」と、原作コミックのファンの一部は納得がいかなかったようだ。原作は現在連載中。完結していない作品を扱う以上、終盤はオリジナル色が強くなってしまうことは避けられない。

 これまでの晴とは違う一面を見た音は、今後、晴とどのように接していくのか。果たして晴の恋は叶うのだろうか。原作とは切り離して、先が読めないドキドキ感を楽しみたい。

滝藤さんの「いらない」の手つきウケる!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

King&Prince平野紫耀出演の『花のち晴れ』、原作ファンからは「原作と離れすぎ」との指摘ものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ平野紫耀King&Princeのニュースならサイゾーウーマンへ!