その他
【ジャニーズ研究会レポート】

嵐・二宮和也主演『ブラックペアン』、遅々として進まないストーリーに視聴者もあきれ気味

二宮和也
ドラマ自体に『水戸黄門』感が出てきたぞ

 嵐・二宮和也が主演を務めるドラマ『ブラックペアン』(TBS系)第6話が5月27日に放送された。平均視聴率は、13.0%で、前回の13.7%からややダウンしている(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 本作は、二宮が演じる手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎が、陰謀と利権が複雑に絡みあう大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かう医療ドラマ。

 第6話は、渡海の母・春江(倍賞美津子)が東城大学医学部付属病院に訪ねてきたところからスタート。たまたま知り合った看護師の花房美和(葵わかな)と治験コーディネーター、木下香織(加藤綾子)と3人で食事をしている時、春江が突然倒れ、東城大病院に搬送された。すぐに緊急手術し一命は取り留めたが、術後の検査で腫瘍の見落としが判明する。渡海は「医療過誤だ」と病院を責め立て、佐伯清剛(内野聖陽)の再手術執刀を断り、高額の和解金を要求した。

 同じころ、厚生労働省と帝華大の西崎啓介(市川猿之助)が開発を進める手術支援ロボット“カエサル”が東城大へ導入されることとなり、責任者となった高階権太(小泉孝太郎)は、治験対象者となる患者の選定を急いでいた。そこで高階が目を付けたのが春江。高階は渡海の知らぬ間にカエサルの重要性を春江に訴え、彼女はカエサルでの手術に同意してしまう。その後、春江の容態が急変し、予定より早くカエサル手術を実施することになった。

 高階による手術は成功したかに思われたが、原因不明の出血が発生。春江の血液型が特殊なものであることに加え、手術前に大規模な事故による処置のために輸血用の血液を使ってしまったため、輸血が足りない。身内の手術を執刀することは病院の規定に反するため、渡海は手術の様子を見ていたのだが……。

 冒頭、事故で次々運ばれてくる患者を前にうろたえる世良雅志(竹内涼真)に向け、渡海が「一人も殺すなよ……動け!」と強烈な一言を浴びせるシーンがあり、ファンは「渡海先生しびれる!」「今日もヒリヒリする~」「かっこいい!」「ニノちゃんにやられた!」と、このドラマの今回の“見せ場”で大いに盛り上がり、二宮の演技に魅了されたようだ。

 しかし、ストーリーについては、渡海の過去や佐伯との因縁に少し触れたものの、今回も「終盤に失敗した手術のリカバリーをする渡海」というお決まりの展開だったため、さすがにファンからも「どうしよう、展開同じすぎて次回に期待できなくなってきたかも……自担観察ドラマになりかねない」「そろそろ違うパターンが見たいなぁ~」「お決まりのストーリーなのについつい見ちゃうっていうあの手のカテゴリーと思えばいいのね?」という声も上がり始めている。「オペ室の悪魔」と呼ばれる渡海、表情やふとした目の動きで彼の絶望や諦観を表してきた二宮の演技が光っていただけに、ストーリーが遅々として進まずに視聴者が離れるのはもったいない気がするが……。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

嵐・二宮和也主演『ブラックペアン』、遅々として進まないストーリーに視聴者もあきれ気味のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ二宮和也のニュースならサイゾーウーマンへ!