その他
【ジャニーズ研究会レポート】

KinKi Kids堂本剛、ムロツヨシと『Wつよし』ラジオをスタート!? 「おもしろいと思う」と自信満々

堂本剛
「編集が大変」というスタッフさん声が聞こえる

 KinKi Kidsの2人が交互にパーソナリティを務めるラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)。5月21日深夜放送回には堂本剛が登場し、仲の良い俳優・ムロツヨシとの交流が語られた。

 ムロは3月14日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した際、ドラマの共演をきっかけに剛と仲良くなったと明かしていた。「Wツヨシ」として“活動”しており、剛が「漢字さん」、ムロが「カタカナさん」という名前で相手を呼び合っているそう。ムロは剛との関係について「堂本剛くんは口説けたかもしれない。1回くらい抱けたかもしれない」と豪語するほどの自信を見せており、ファンの間で大きな話題となった。

 このときの放送を見たリスナーから、「(ムロが)剛くんを『1回抱けたかもしれない』と話をしていました。(中略)剛さんのほうからムロさんについてなにかコメントはありますか?」というメールを受け取った剛。ムロについて「彼はもう、とても優しい人です」と褒めた剛は、「抱けたかもしれない」の件は一旦置いておき、剛が突発性難聴で入院した時のエピソードを語りだす。なんでも、ムロは剛に連絡をするなど親身になって心配してくれたそうで、その中で2人は“食物アレルギー”の話で盛り上がったと明かしていた。

 反対に、2015年にムロが喉の手術で入院した際は、「1人で手術するの心細いかなと思ってた」と、剛がまめに連絡をしていたそう。手術が終わった後、ムロにダメ元で電話したところ、手術直後でなにも話せなかったため、“無言状態”で電話をしたという裏話も披露。剛はその無言状態をおもしろがり、「あれ? 電波悪いかな」と冗談を飛ばしつつ3回ほど電話をしたといい、ムロからメールで「オレ、いましゃべれないのわかってるよね?」というツッコミを受けたそう。

 ちなみに、ムロが手術を終えた15年11月11日には、自身の公式Twitterに「そういえば、手術終わって、しばらくしたら 電話がかかってきた、話せないことを知ってて電話してきた、あのこ 電話してきたのはこのこのみ 漢字のほうの剛」と投稿しており、剛がいち早くムロに連絡を取っていたことがうかがえる。

 そして肝心の「抱けたかどうか」については、剛のほうもムロを「抱けたかもしれないよね」と思っていたことが発覚。「まあちょっとその……隙は結構あったよ、抱ける隙は」と爆弾発言をした剛は、「でもやっぱりボクも男なんでね。そこはグッとこらえてね、男気見せましたけど」と、ムロとのただならぬ関係を匂わせたのだった。

 最後に剛は、ムロを『どんなもんヤ!』のゲストに呼びたいと語り、「忙しい人捕まえるのもあれやけど……お時間あったらね」とメッセージを送った。さらには、「漢字・カタカナの“Wつよし”のラジオ。むちゃむちゃおもろいと思うけどね」と新番組の提案まで。ユルいトークが繰り広げられそうな「Wつよし」のラジオ、ぜひ聞いてみたいところだ。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

KinKi Kids堂本剛、ムロツヨシと『Wつよし』ラジオをスタート!? 「おもしろいと思う」と自信満々のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ堂本剛KinKi Kidsのニュースならサイゾーウーマンへ!