その他
【ジャニーズ研究会レポート】

『ブラックペアン』第5話、ベタな展開だとわかりつつも渡海の活躍に視聴者が沸き立つ!

二宮和也
『水戸黄門』『暴れん坊将軍』的な展開を託されるニノ

 嵐・二宮和也が演じる、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎が陰謀と利権が複雑に絡みあう大学病院という巨大な組織に立ち向かう医療ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)。その第5話が、5月20日に放送された。視聴率は13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)で、初回から12~13%をキープしており、一定のファンを獲得していることがうかがえる。

 帝華大学病院から東城大医科大学付属病院に赴任してきた高階権太(小泉孝太郎)は、医療機器スナイプを使った手術に関する論文の責任者に、東城大の佐伯清剛(内野聖陽)ではなく、帝華大の西崎啓介(市川猿之助)を選んだ。そのことで、外科学会理事選は西崎が優位となり、高階は担当する患者・島野小春(稲垣来泉)を退院まで見届けて東城大を去る準備を進めていた。

 そんな中、渡海は小春の術後経過についてあることに気づき、佐伯に小春の詳しい血液検査をすべきだと伝える。佐伯は渡海のこの言葉を利用し、スナイプ論文の撤回を目論む。検査の結果、スナイプ手術の影響で小春の心臓の中隔に感染が認められ、すぐにでも処置をしなければならない深刻なものだということが明らかに。高階はすぐに西崎に報告するが、西崎は「見なかったことにしてすぐに退院させろ」と言い放つ。迷う高階の前に、渡海が小春の退院許可証を手に現れ、「いい研究ができてよかったな」と一言。渡海の静かな揺さぶりに高階は目が覚め、小春を救うために動き出す。

 開胸手術が不可能な小春のため、内視鏡外科手術支援ロボット・ダーウィンでの手術を提案した高階。しかし、そのためにはダーウィンを所有する帝華大に転院する必要があり、今の高階の立場では難しく、カンファレンスでその案は一蹴されてしまう。そして佐伯から小春の主治医になるよう命じられた渡海は、造血剤を投与するだけで治療らしい治療をせずにいるのだが……。

 これまで同様、“手術で危険な状態になると、渡海が現れて颯爽と患者を救う”というお決まりの展開。しかし、終盤の渡海の登場シーンは「待ってました」とばかりに視聴者からの反響が大きく、このドラマの見せ場となっている。特に今回はダーウィンを外し、難しい手術を周りの医師を怒鳴り散らしながら鮮やかにこなす渡海の姿に、「たまらん!たまらん!! 渡海先生たまらんよ!!!」「渡海先生かっこいい!!」「ベタな展開でこうなるだろうなーとわかっていても、やっぱりスッキリするし、キターってなる」「爽快! 痛快!! 渡海先生最高! 見てて気持ちよかった!」と、大いに盛り上がった。

 高階との関係性の変化や、なかなか明かされない渡海の過去と佐伯との因縁が気になるところだが、やはり次回も渡海の活躍で来週もスカッとさせてほしいものだ。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

『ブラックペアン』第5話、ベタな展開だとわかりつつも渡海の活躍に視聴者が沸き立つ!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ二宮和也のニュースならサイゾーウーマンへ!