【ジャニーズ研究会レポート】

山口達也「契約解除」のウラで……TOKIOの“リーダー”城島茂が見せた、涙ぐましい仕事ぶり

城島茂
茂も茂子もカッコいいよ……!

 強制わいせつの疑いで書類送検され、一時は「無期限謹慎」との処分が下されたものの、5月6日に一変してジャニーズ事務所との「契約解除」が発表された、元TOKIO山口達也。騒動は現在も収まる気配はなく、7日には山口がレギュラー出演していた『Rの法則』(NHK Eテレ)が放送終了を発表。さらに、10日に行われたNHK会長の定例会見では、『Rの法則』が終了になったことについて、ジャニーズ事務所などに対し損害賠償請求を検討していることが明かされたようだ。

 単なる“騒動”では済まない事態を引き起こした山口だが、一方で、残された4人のTOKIOを応援しようという人は増えている。中でも、長年グループの“リーダー”を務めている城島茂は、4月30日に行われた会見で「TOKIOのリーダーとして矢面に立って」と発言するなど、メンバーが起こした不祥事について、人一倍責任を感じているようだ。

 グループとしては苦しい状況下ではあるが、城島の仕事ぶりは目を見張るものがある。城島と“そっくり”の女性演歌歌手・島茂子が5月16日にデビューDVDシングル「戯言」をリリースするのだが、ファンなら周知の通り、島茂子は城島本人である。山口の一件を受け、今後のグループ活動を考える時間も必要だろうが、城島は女装姿で各メディアに登場し、プロの振る舞いを見せているのだ。6日に神宮球場で行われた『セ・リーグ公式戦・東京ヤクルトスワローズvs広島カープ』では、城島が“茂子”の格好で始球式に登場。観客からは「リーダー頑張れ!」という歓声も上がっていたようで、温かい空気に包まれていたことがうかがえる。

 また、11日には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、茂子として「戯言」を生披露。放送前は「リーダー、一体どんな気持ちで『Mステ』出るんだろう……」「このタイミングで出演か~。リーダーも大変だねえ」と心配するファンも多かったが、いい意味で期待を裏切るパフォーマンスを見せてくれた。また、同日に放送されたドラマ『家政夫のミタゾノ』(同)にも、茂子が出演。主演の三田園薫を演じるメンバーの松岡昌宏と2人で、女装姿を披露していた。

 メディア出演だけでも大忙しの城島だが、5月18日~20日には東京・大阪・兵庫にて「島茂子『戯言』発売記念リサイタル」を行うことが決定している。2017年8月30日にリリースされた、TOKIOのシングル「クモ」に茂子の楽曲「女の坂道」がカップリング収録された際も、東京にてリサイタルが行われており、多くの人が訪れていた。今回は会場も増えており、昨年以上の集客がありそうだ。ネット上では、「茂子さんのCD予約したよ! 発売楽しみ!」「ファンに今できることは、茂子のCDを買うこと! リサイタルも楽しみだなあ」「TOKIOのCD買ったことないけど、島茂子のCDは購入しました(笑)」といった人も見受けられ、多くのファンが発売を心待ちにしているようだ。

 長年活動をともにしてきたメンバーが思わぬ形で1人いなくなり、1番苦悩しているのはTOKIOの4人だろう。そんな中でもファンを楽しませてくれる城島を、自然と応援したくなる人は多い。4人のTOKIOが今後どのような活動をしていくのかは未知数だが、城島がリーダーでいる限り、安心していいだろう。

ま、マボが1番カッコいいんだけどね★

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

山口達也「契約解除」のウラで……TOKIOの“リーダー”城島茂が見せた、涙ぐましい仕事ぶりのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズTOKIO城島茂山口達也のニュースならサイゾーウーマンへ!