[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「ジャニーズなのに……」A.B.C-Z・橋本良亮、ギャル系女性と“白昼デート”写真流出!?

hashi_letter
はっしーは自由の象徴なのかな?

 A.B.C-Zのメインボーカルを務める橋本良亮が、ゴールデンウィーク期間中に女性とお台場で“デート”をしていたのではないかという疑惑が浮上し、ファンの間で波紋が広がっている。

 橋本とされる男性と女性の姿が目撃されたのは、東京・お台場で行われたフードイベント「肉フェスTOKYO2018」(4月27日~5月6日開催)。5月2日、ジャニーズファンのTwitterユーザーが「肉フェス」で“女性連れの橋本とすれ違った”という内容をツイートし、4枚の写真をアップした。

「日中に撮影されたため、2人の顔は鮮明に写っています。男性はメガネをかけて変装していたようですが、正面からの写真を見る限り、橋本本人とみて間違いないでしょう。女性の顔もハッキリ写っていて、見たところ20代後半~30代前半、服装や髪形はギャル系の雰囲気。目撃者のジャニーズファンは、フォロワーとのやりとりの中で、同行の女性は橋本の母親やお姉さんの可能性もあるとしつつも、2人の距離やイチャつき方からするに、『どう考えてもお姉さんじゃないと思う』と伝えています」(ジャニーズに詳しい記者)

 この“白昼デート写真”が広まると、男性が着用していたアロハシャツやサンダルなどが、橋本の私物と一致していることが判明。「肉フェス」には女性と2人きりで行動していたとみられ、友人グループと訪れていたとしても、デートと勘違いされておかしくない状況だろう。

 A.B.C-Zファンからは「肉フェスで彼女と歩いてる画像を見たけど……こんな混んでるゴールデンウィークになぜ行ったんだろう」「グループの足引っ張るならA.B.C-Zやめれば? プロ意識なさすぎ」「彼女と堂々と歩き回るのは、ジャニーズとしてどうかと思う」「プライベートの時間が多すぎるほど暇なの?」「一緒に写ってるのが彼女じゃなくても、女性と写真撮られたという事実がしんどい」と、失望の声が相次いでいる。

 一方で、熱心なファンは「同行してたのは、お姉さんかお母さんかな?」「彼女だとは思えない」とデート説を否定。しかし、橋本の家族の顔を知る一部のネットユーザーから「お姉さんは全然違う顔」との指摘や、女性は橋本の「昔からの彼女」だと主張する書き込みも上がるなど、女性の素性に関心が集まっている。

「橋本に関しては、4月30日にも神奈川県の『コストコホールセール 川崎倉庫店』に『彼女といた』という目撃談がTwitterに上がっていました。この時、目撃者が驚きの声を漏らすと、橋本とおぼしき男性は、『彼女と別れて走って逃げた』とか。この情報に続けて『肉フェス』の写真とあって、橋本の彼女説の信ぴょう性は高まっています。さらに、その少し前には東京ディズニーランドに男女2人ずつの計4名の友人で遊びに行った際のプライベート写真も流出。これは、その友人のひとりがインスタグラムにアップしていたものだそうですが、これではジャニーズアイドルとしての危機管理能力が欠けていると言わざるを得ませんね」(同)

 先日、後輩のSexy Zone・マリウス葉も若い女性と歩く写真が出回ったが、この時は公式携帯サイト・Johnny’s webのグループ連載「薔薇色の日々」で、カナダの大学にて勉強をしている“従姉妹”と歩いていたと言及し、デート疑惑は沈静化。また、マリウスの実の兄が自身のインスタグラムのストーリー機能を使って、女性の顔写真とともに「弟の彼女じゃないですよ」と否定し、あらためてファンも納得していたのだった。

 5月23日にジャニーズの新グループ・King&PrinceがCDデビューを果たすなど、後輩の活躍が目覚ましい今日とあって、橋本の行動にファンが落胆するのも無理はないだろう。7日現在、Johnny’s webの連載「えび☆ブロ」では「肉フェス」の目撃談に触れていないが、同行の女性について何らかの説明はあるのだろうか。

Jr.でもこんなことする人いないんだけど……

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「ジャニーズなのに……」A.B.C-Z・橋本良亮、ギャル系女性と“白昼デート”写真流出!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ橋本良亮A.B.C-Zのニュースならサイゾーウーマンへ!