【ジャニーズ研究会レポート】

『TOKIOカケル』事件後初の放送は山口達也のシーン+“あの細かいところ”までカット

山口達也
テレビ局のみなさん、お疲れ様でした……

 未成年者への強制わいせつの疑いで書類送検され、起訴猶予となったTOKIOの山口達也。書類送検が発覚した4月25日以降、出演番組やCMの差し替えが行われ、メディアを巻き込んでの大騒ぎに発展。特に、TOKIO5人でのレギュラー番組『TOKIOカケル』はその25日が放送日だったが、急きょ放送を見合わせることになった。翌週は、関ジャニ∞大倉忠義が出演予定だったため、「大倉さんの回はお蔵入り?」と不安視するファンも多く、さらには番組打ち切りを危惧する向きも多かった。

 1週間後の5月2日には山口を除くメンバー4人の謝罪会見が行われ、その夜には2週間ぶりに『TOKIOカケル』が放送された。内容は、放送を見合わせた時に予定していた女優・米倉涼子の「大好物ベスト10」と、もともとこの日に放送予定だった大倉の「ジャニーズ年表」企画をそれぞれ前後半で放送。テロップでの説明などはなく通常通りスタートしたが、山口の姿はすべて編集でカットされていた。

 同番組では、ゲストを中心に向かって左側が城島茂、松岡昌宏、そしてゲストの右側に長瀬智也、山口、国分太一という席順が定位置。通常、全体のトークでは引きで全員が映るか、城島・松岡の2人、長瀬・山口・国分の3人が映し出されることが多かったのだが、この日の放送では山口のいない左側ばかりが映ることが多かった。さらに、山口の隣に座っていた長瀬や国分は不自然なほどにアップで映ることもあり、編集の苦労が見て取れた。ほかにも、「大好物ベスト10」ではゲストの後ろに毎回TOKIO5人の絵が飾られているのだが、これもメンバーの顔が映らないようにゲストを通常よりアップにするなどの工夫がされており、細かい部分にまでかなり気を配り編集したよう。

 ネット上では「太一と智也はソロでしか映らんね~違和感」「トキカケ見てるけど長瀬くんのところで一緒に映ってるんだろうなぁ。画像が荒くなっててここで編集したってわかるね」と、明らかに突貫で編集された映像に違和感を覚える人が少なからずいる一方で、「編集でがんばった感がすごい。そうまでして放送してくれて本当ありがとう」「スタッフさんがんばって編集してくださって……長瀬、達也、太一の並びだから不自然なカットになっちゃってるけど、でも放送してくださってありがとうございます」と、スタッフをねぎらう声が多く飛び交っていた。

 会見では山口からの辞表を城島が預かったままであることが明らかにされたが、メンバーはこれをジャニーズ事務所には提出せず保留にし、当面は4人で活動していくことに。ただ、この発表を受け、すでにジャニーズ公式ホームページのメンバー写真は4人に変更されている。

 『TOKIOカケル』では、コメント自体は少なかったがゲストにさりげない一言でパスを出して番組を盛り上げていた山口。さらに、もうひとつのグループのレギュラー番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)では、城島とともにDASH島開拓の主要メンバーでもあったため、山口を失った代償は大きいといえるだろう。今後、各番組がどのような企画・内容になるのか、注目していきたい。
(吉本あや)

茂だけで島に行くなんてことがあったら、涙を禁じ得ない

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『TOKIOカケル』事件後初の放送は山口達也のシーン+“あの細かいところ”までカットのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズTOKIO山口達也のニュースならサイゾーウーマンへ!