[ジャニーズ・メディアの裏側]

TOKIO・山口達也、書類送検――ジャニーズ事務所は「弱体化」「事件もみ消し失敗」したのか?

yamaguchitatsuya_syazai02
なんだかいつも会見で謝罪してるイメージ

 女子高生への強制わいせつの容疑で書類送検され、無期限謹慎が発表されたTOKIO・山口達也。ジャニーズ事務所所属タレントの不祥事としては、過去に類を見ない悪質なものだけに、ネット上では今もなお、この事件に関する意見が飛び交っている状況だ。そんな中、SMAP解散騒動以降、トラブル続きのジャニーズに対して「以前までなら、もみ消していた事件なのでは?」と指摘する人が後を絶たないという。

 山口の容疑が報じられたのは、4月25日の夕方、NHKによる報道だった。直後、ジャニーズサイドは記者会見を否定し、謝罪FAXをマスコミ宛てに送ったが、翌日には一転して山口本人による謝罪会見が行われた。

「衝撃的な事件であることに加え、事務所の対応が二転三転したことにより、ネット上では『事務所がもみ消しに失敗して、慌てふためいているのではないか』とする声が出ています。“もみ消し”と一口に言っても、『書類送検前に被害届を取り下げてもらう』『報道にストップをかける』の2パターンが想定されます」(芸能ライター)

 会見によると、2月12日に山口が女子高生を家に呼び出して行為に及び、3月末、警察関係者から連絡が入ったものの、山口は「怖かった」ため、4月16日まで事務所に報告ができなかったという。

「書類送検は報道の前週。山口の事務所への報告が4月中旬だったことを考えると、ジャニーズが被害届を取り下げるよう動くには無理があります」(社会部記者)

 また山口は会見で、「(報じられなければ)隠蔽するつもりだったか」と問われ、これを否定し、同席した弁護士は「被害者のプライバシーを守るために、公表には慎重にならざるを得ない部分が大きかった」と説明していた。未成年のプライバシーを守るという点で、こうした「ジャニーズサイドの配慮は当然のこと」(同)だという。

「事件が公になったのは、ジャニーズの弱体化というよりも、“NHK報道局の努力”によるところが大きいでしょう。NHKがこの事件の情報をつかんだのは、山口の書類送検のタイミングとみられていますが、それから実際に報じるまでには、かなり綿密な取材をしていたはずです。というのも、NHKは“誤報”を出すのは絶対にNGなんです。それに、自局の『Rの法則』内で起こった不祥事でもあるため、各所との調整を延々と行っていたと思われます」(同)

 山口の一件に関していえば、ジャニーズの弱体化とは「無縁の話」(同)というが、一方では別の指摘も。

「関ジャニ∞・渋谷すばるが退所会見を開いた直後に、このような事件が起こり、さらに初手となったFAX内容も、その投げやりな文言がネット上で批判されるなど、ファンを不安にする出来事が相次いでいる。総じていえば、ここ数年での弱体化は、やはり事実といって差し支えないのでは」(芸能プロ関係者)

 ジャニーズ事務所には、ファンが安心してアイドルを応援する環境を、早急に整えてほしいものだが……。

どれだけもみ消してきたのかって考えると怖い……

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

TOKIO・山口達也、書類送検――ジャニーズ事務所は「弱体化」「事件もみ消し失敗」したのか?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズTOKIO山口達也のニュースならサイゾーウーマンへ!