地味に気になる

土屋太鳳、「女子高生役ばかり」は母の希望? 過剰な“清楚路線”めぐる不穏なうわさ

 

とても遅くなったけれど 一言だけ御礼を…! 映画「春待つ僕ら」 無事にクランクアップいたしました✨✨✨ 今日も本当に本当にたくさんの エキストラさん方が 大切な場面で 共演してくださいました。 本当にありがとうございますm(__)m✨✨✨ 胸いっぱいに たくさんある想いを また少しずつ 伝えていけたらと思います。 素敵なお花と一緒にいただいた 深谷ネギの花束💐 あ、ネギだから ネギ束…? 最高です👍✨ お花束は衣装と撮ったので 情報解禁してから ^ ^ 少し深い時間となりましたが どのかたも、よい夜を*

土屋太鳳さん(@taotsuchiya_official)がシェアした投稿 –

 土屋太鳳と菅田将暉がW主演する映画『となりの怪物くん』が、4月27日より公開されるが、ネット上では「また女子高生役なの!?」という声が相次いでいる。2月で23歳となった土屋の“JK率”の高さは、関係者の間でも評判になっているという。そして一部では、その原因について“不穏なウワサ”もささやかれているそうで……。

 現在、土屋は『となりの怪物くん』のPRを盛んに行っているが、今年公開予定の『春待つ僕ら』も、原作通りであれば女子高生役。また昨年公開の『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』も同様で、特に映画では半数以上が女子高生役となっている。

「PR活動でも、毎回制服姿で登場するので、女子高生役はある意味定着しています。ただ、一説には『女子高生以外の役は、本人サイドの要望で断られてしまう』という指摘もあるんです」(芸能プロ関係者)

 以前は水着での撮影も行っていた土屋だが、現在は「最も露出を嫌う若手女優」と言われている。

「これは女優として売れてくれば、どんなタレントや所属事務所からも出てくる要望ですが、土屋の場合は『清楚な役柄』をかなり強く求めてくるんです。結果的に肌の露出はほぼなく、清楚で、かつ本人の元気なキャラクターが活かせるということで、女子高生役ばかりが決まっているのでは」(同)

 さらに、この“JK率”に大きく影響を及ぼしているのは、本人ではなく土屋の母親とされている。

「土屋の母親の“現場介入”は知られた話で、仕事面だけでなくプライベートでも、逐一母親への報告や相談が行われている。山崎賢人と交際報道が出た時も、母親に報告していなかったため、土屋は相当慌てた様子だったとか。現場でも、用意された衣装をすべて試着した上で、母親にスマホで自撮りした画像を送り、ずっと返信を待っているくらいです」(テレビ局関係者)

 この様子では、何らかの原因で“母離れ”しない限りは、今後も土屋は女子高生役を演じ続けることとなりそうだ。果たして、完全に制服を脱ぎ去るのは、一体いつの日になるのだろうか。

23歳でJK役はそろそろ脱すべきじゃない?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

土屋太鳳、「女子高生役ばかり」は母の希望? 過剰な“清楚路線”めぐる不穏なうわさのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!