【ジャニーズ研究会レポート】

V6井ノ原快彦、惜しまれつつも『あさイチ』を卒業! 今振り返りたい、名言&名場面

井ノ原快彦
この笑顔が見られる朝がまた来ますように!

 3月30日、V6井ノ原快彦が朝の情報番組『あさイチ』(NHK総合)のキャスターを卒業した。井ノ原とともにキャスターを務めたNHKの有働由美子アナウンサー、同局解説委員の柳澤秀夫氏もそろって卒業となり、4月の放送からは番組の出演者がガラリと変わる形だ。

 3人は2010年から8年間、同番組の“顔”として平日の朝を盛り上げてきた。井ノ原らの番組卒業発表後、3月20日の放送では平均視聴率13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しており、朝の情報番組としては非常に高い視聴率を誇っていた。それだけに、3人の卒業を惜しむ声は非常に多く、30日の放送終了後にはネット上に「イノッチ・有働さん・柳澤さん8年間本当にお疲れ様でした! 毎朝本当に楽しませてもらいました、ありがとう!」「ず~っと続くものだと思っていたけど、終わっちゃったなあ……泣かないつもりだったけど、思わず涙が……」「3人一緒に卒業するなんて、ステキだなあ。最後まで笑顔を届けてくれてありがとう!」などという、感謝の声が多数投稿されていた。

 これまで『あさイチ』は、NHKの朝の情報番組とは思えない“きわどい”テーマを特集したり、生放送で井ノ原ら出演者が歯に衣着せぬコメントをしたりすることがたびたび話題となっていた。また、毎週金曜日に放送される「プレミアムトーク」では、さまざまなジャンルからゲストを呼んでトークを繰り広げており、しばしばジャニーズアイドルが登場して井ノ原と仲の良いやり取りを見せていた。そんな8年間の『あさイチ』を、井ノ原の言動に注目して振り返ってみたい。

■2014年10月15日放送 「知られざる“セクハラ”」特集にて

 この日の放送は、有働アナを思って番組スタッフを“公開注意”した井ノ原に大きな反響があった。番組で「結婚」や「妙齢女性の問題」のテーマが取り上げられると、視聴者・スタッフが40代未婚の有働アナをイジり、それに有働アナがツッコミを入れる、という流れが恒例になっていた。しかし、井ノ原は以前からこれに違和感があったようで、「この番組でも思うことはありますよ。縁結びの神様のテーマがあったら、(スタッフは)必ず有働さんに持っていく。有働さんは『ラッキー!』って感じだけど、そのすべてが有働さんに対していいってワケじゃない。それで笑い取れると思ったら大間違いだぞって思う」と生放送で論じたのだ。

 この発言は視聴者にも「セクハラ」について考えるきっかけになったとともに、これまで番組で“当たり前”になっていたことに対し意見をした井ノ原に、絶賛の声が集まっていた。有働アナは井ノ原のこの言葉に「私も隣で、うっと泣いておりましたけど……」と冗談ぽく語っており、そんな2人のやりとりに心温まった視聴者も多かったようだ。

■2016年9月13日放送 女装家のミッツ・マングローブがゲスト登場

 “芸能界イチのV6ファン”として知られているミッツ・マングローブが登場したこの日、「司会者・井ノ原快彦」が「V6・井ノ原快彦」の顔になっていたことに、ジャニーズファンから反響があった。オープニングから「『あさイチ』に出るっていうんで、今日朝からね『ゼロからキミになればいい~』ってやってきたのよ!」と、V6の9枚目のシングル「Be Yourself!」(1998年)を歌い踊るミッツ。井ノ原は「ずいぶん昔の曲をね~、ありがとうございます」とうれしそうに微笑んでいた。

 放送中、ミッツはほとんど井ノ原の真横のポジションをキープ。しかし、V6の大ファンであるミッツにとって、これはある意味“苦行”でもあったようで、番組終盤で視聴者から「イノッチの魅力を答えてください」というメッセージが届くと、ミッツは「この2時間大変だったんだから! (井ノ原が)隣にいるんですよ!」と突然“ファンの顔”になって大興奮。井ノ原が正真正銘のアイドルであることを証明していたのだった。

■2017年5月31日放送 「スメルハラスメント」特集にて

 汗じみやニオイなどの汗対策最新事情を伝えるとともに、“スメルハラスメント”という言葉が生まれるほど、ニオイを気にする人が増えた理由について解説したこの日の放送。男性500人を対象にした「女性のワキ汗どう思う?」というアンケートの結果を発表したのだが、「清潔感がない」「信用ができない」「生理的に受け付けない」といった否定的な意見が紹介されていた。しかし、有働アナはこの結果に怒り心頭で、「ワキ汗をかいて頑張ってる女性を『信用できない』とか『周りへの配慮ができなさそう』って、お前のことが信用できない!」と語っていた。

 また井ノ原は、このアンケート自体に違和感を覚えたようで、調査主体が衣料品メーカーの「ユニクロ」だったことを指摘。井ノ原の指摘通り、このアンケートは「エアリズム汗取りキャミソール」の販売促進を兼ねて行われたもので、「要領が悪そう」「尊敬ができない」など、あらかじめ選択肢として多めに用意された“マイナスイメージ”の中から答えを選ぶ形式だったのだ。これに気がつき発言した井ノ原には、視聴者から「おかしいと思ったことにバンバン切り込んでいくイノッチさすが」「イノッチみたいに冷静な目を持つ人が、テレビには絶対必要」との声が多数上がっていた。

 いつでも視聴者に寄り添い、公平な目線でさまざまな社会問題を論じてきた井ノ原。『あさイチ』卒業は非常に惜しいことだが、またどこかで有働アナ・柳澤解説委員と一緒に笑顔を見せてくれることを願いたい。

大吉先生も“朝ドラ受け”やるのかね?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

V6井ノ原快彦、惜しまれつつも『あさイチ』を卒業! 今振り返りたい、名言&名場面のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズV6井ノ原快彦のニュースならサイゾーウーマンへ!