仁科友里の「女のための有名人深読み週報」

高橋由美子、泥酔&ラブホ不倫騒動に見る“真の酒豪キャラ”に必要なモノ

takahashiyumikokousiki322OK
高橋由美子公式ホームページより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の有名人>
「飲み友達です」高橋由美子
「週刊文春 3月22日号」(文藝春秋、動画)

 芸能人がバラエティ番組に出る際は、キャラという“お土産”が必要になるが、そのキャラが必ずしも事実である必要はない。例えば、山口もえといえば、おっとりした口調を思い浮かべる人も多いだろうが、夫である爆笑問題・田中裕二やマネジャーから、いろいろな番組で「プライベートはすごく早口」と暴露されている。実際の自分とキャラが違っても、番組の中できっちり全うすればよいし、そのキャラが定着することで、違う展開も期待できる。

 女優・観月ありさ、島崎和歌子、遠野なぎこなど、芸能界には酒豪を名乗る女性芸能人がたくさんいる。鈴木砂羽や水野美紀のように、“男前”“おっさん”といったキャラを自称する女性たちも大酒飲みだそうだ。飽和状態である“酒豪市場”に、“20世紀最後の正統派アイドル”こと高橋由美子が参戦した。

 今年の1月2日放送の『今夜くらべてみました 元旦から生放送3時間スペシャル』(日本テレビ系)に酒豪キャラとして出演した高橋は、終始ハイペースで酒を飲んでいたが、私には高橋が酒豪とは思えなかった。

 酒豪キャラを掲げてテレビに出たからには、たくさん飲んでもケロリとしているか、飲んで面白いことを言うなどが期待されるが、実際の高橋は飲みすぎて呂律が回っておらず、今年の運勢を占いにやってきたゲッターズ飯田に抱き着き、最終的には飲みすぎてスタジオから退場している。プライベートならそれで構わないが、画面から消えてはプロとしては失格ではないだろうか。高橋は酒豪というより、さみしがりで流されやすい人に、私には見えた。

 その高橋の不倫が「週刊文春」(文藝春秋)にスクープされた。高橋は完全にノーガードだったようで、渋谷で既婚男性と痛飲した後、タクシー移動で歌舞伎町のラブホテルに入り、昼すぎにチェックアウトする姿を撮られている。「文春」記者に直撃され、男性との関係を尋ねられた高橋は「飲み友達です」「私、もっといろいろやってっから」と気色ばんでいたが、いい大人の柄の悪さが物悲しく感じられた。

“永遠の正統派アイドル”になれるチャンスを手放しちゃった

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

高橋由美子、泥酔&ラブホ不倫騒動に見る“真の酒豪キャラ”に必要なモノのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のためのテレビ深読み週報女のための有名人深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!