その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「ジャニオタ生態図鑑」No.2 遭遇率を上げるため、引っ越しを考えた……“ガチ恋”の女インタビュー【後編】

Hey!Say!JUMP
罪作りな男だよ、ジャニーズは!

 さまざまなジャニーズファンにインタビュー! ジャニーズファンを徹底“研究”した「ジャニオタ生態図鑑」

No.2 ガチ恋【がち-こい】

 ジャニーズアイドルを恋愛対象として見ているファンのこと。本気(ガチ)で恋をしている、という意。

今回話を聞いたのは……
■Aさん/デビュー組担当 若手グループに所属するYくんを応援中

 前編では、Yくんにガチ恋するきっかけや、コンサートや舞台に参加した時の複雑な心境、さらにガチ恋ファンが“絶対に行かない場所”などを聞いた。後編では、衝撃の展開が……?

―――ここまでのお話を聞いていると、ツラい思いも多いようですが……ガチ恋していて“楽しいこと”ってなんですか。

Aさん 正直、毎日楽しかったですよ! ツラい時もありましたが、恋してるときって、「痩せよう!」とか「身だしなみを整えよう!」とか、“自分磨き”をするじゃないですか。私は、そういうの含めてとっても楽しかったです。ガチ恋するまでは、「外に出られればいいや」ぐらいの格好だったんですけど、メイクとかも楽しくできるようになりました。

―――では逆に、ガチ恋していて“しんどいこと”はなんですか。

Aさん やっぱり“現場”ですね。本人と同じ空間にいることはもちろん幸せで楽しい時間なんですけど、どうしても“お客様”にならなくちゃいけないので。私からしたら、ただ好きな人に会いに行ってるだけなんですけど、彼からしたら、私は“ファンの中の1人”にしかならないですからね。そういうことを考えると……本当に複雑な気持ちで現場に通っていたと思います(笑)。

 あと私、住んでいるのが関東じゃないので、その時点で単純に日常生活がしんどいんですよ(笑)。実は、Yくんのために引っ越しを考えたこともあって。

―――え、だって仕事とか?

Aさん 仕事も普通にしてるんですけど(笑)。だから、「行こう!」と思ってもすぐに上京できるワケではなかったので、グダグダしている間に少し冷静になってきて。関東に行きたいというか、「Yくんの家の近くに住もう」と思ってましたね(笑)。毎日東京で過ごしてた方が、確実に会う確率が高まるじゃないですか。だから、たまたまYくんと街中でばったり会う確率を高めるためだけに、引っ越そうと思ってました。

―――インタビュー前編では、目標は「ガチ恋をやめること」と言ってましたけど、本当にガチ恋をやめたら、東京に来た意味がなくなっちゃうじゃないですか? その辺は考えましたか。

Aさん どうですかね……でも、行ってみないとなにも始まらないというか。行ってみないと、ゼロなものはゼロのままなので。やめることも想像してましたけど、実際に自分がガチ恋をやめられるイメージがなかったのも事実です。なので、引っ越しまで考えられたんだと思います。

―――お話を聞いていると、全部“過去形”って感じなんですが……今はガチ恋オタクではなくなったんですか。

Aさん あ、そうです(笑)。

―――え!? 一体なにがきっかけで?

Aさん ある現場で、とても良い席に入ることができて、しかもそれが何度か続いたんですよね。もう、「絶対ファンサもらえるだろ!」っていう席に入ったんですけど(笑)。 だけど、Yくんからは全然ファンサもらえなくて、目線も合ったか合ってないかもわからないまま終了。多分、ファンとしての自分だったら「あ~、今日は運が悪かったな。だけど楽しかった!」って終わることができたと思うんですよ。でも、ガチ恋の自分はそれができなくて。「どうして見てもらえなかったんだろう、どうして……?」って考え始めちゃったんですよね。

 ……それと、その時、本当にいい席で、Yくんはすぐそこにいたんですけど……すごく遠く感じたんです。手を伸ばせば届くぐらいの距離だったんですけど、でももう、Yくんは“住む世界が違う人”だったんですよ。それを感じて、「もうガチ恋やめよう」って思いました。それまでは「もしかしたら」「あわよくば」って期待してましたけど、越えられない壁の存在を感じたその時に、一気に“現実”に戻ったんですよね。Yくんは「完璧なアイドル」だったんです。そこが好きだし、そこが好きだから、ガチ恋をやめたってことですかね。

―――映画作れそうな話ですね……。でも、そんなにスパッとやめられるものなんですか?

Aさん 2カ月ぐらいは、ずっと悶々としてました。Yくんが出てるテレビとかもあんまり見れなくて。舞台でも遠く感じたのに、テレビなんてもっと遠いじゃないですか(笑)。この2カ月間は、「違う世界の人なんだ」っていう気持ちをずっと背負ってた感じで。それを毎日思ってるうちに、「今なにしてるかな?」とか考えなくなってきたんですよね。それで、「あ、もう自分はガチ恋やめてるんだな」って気がついて。自分の中の意識から、少しずつYくんのことがいなくなっていったんです。……でも、あの時いい席に入ってなかったら、まだガチ恋やってたと思います。

―――じゃあ例えば、プライベートがもっとゆるい“完璧じゃないアイドル”だったら、どうですか?

Aさん あ~……でも私、Yくんは結構プライベートゆるいと思いますよ(笑)。ブログとかでも、簡単に場所がわかりそうな写真とか載せてましたし。そういうスキがあるところも、彼にガチ恋してしまった原因のひとつかもしれないです。プライベートがガチガチだと、そもそも「いけるかも?」と思わないですからね。

―――ガチ恋をやめて、変わったことってありますか。

Aさん “コンビ萌え”がわかるようになりました(笑)。今まではほとんどYくんしか見てなかったけど、他のメンバーにも目が行くようになったので。あと、ブログを読んだ時に「女の気配がする」とか考えなくなりました。昔は書いてあることで一喜一憂してたんですけど、「友だちと遊びに行った」って書いてあっても、「楽しかったんだね、へ~」って(笑)。

 ガチ恋をしてたときは、人間としてのYくんを好きになっていて、今はオタクとして、冷静にアイドルとしてYくんを好きになりました。だから、プライベートをむやみに探ろうとしないし、「アイドルとしてどんなことを考えてるのかな?」っていうことの方が気になるようになりましたね。今の方が、“健康的な生活”を送ってます(笑)。

―――なるほど……。またアイドルにガチ恋する可能性はありますかね?

Aさん いや、ないと思います(即答)。ガチ恋をやめてから、現実世界の男性に目が行くようになったし……それはよかったと思いますね(笑)。

―――では最後に、現在ガチ恋をしているみなさんに言いたいことはありますか。

Aさん 「どうか自分を大切にしてください」ですかね。精神的・肉体的なこともありますけど、ガチ恋をやっているときは現場に通いまくっていたので、時間もお金もとられていって。それが本当に大変だったので……。

 私は、自分の友だちにはガチ恋をするオタクになってほしいとは思わないですね。ガチ恋することを否定する気持ちはないし、しているなら応援するけど……これは“知らない方がいい感情”だと思います。

最終更新:2018/03/22 18:00

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

「ジャニオタ生態図鑑」No.2 遭遇率を上げるため、引っ越しを考えた……“ガチ恋”の女インタビュー【後編】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズインタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!