ネットは大炎上

佐々木希、堀北真希の“妊娠スクープ”、医師は「やめるべき」と警鐘! マスコミの言い分は?

0419sasakinozomi
4月からは連ドラ主演を務める佐々木希

 2月28日、佐々木希が、夫であるアンジャッシュ・渡部建との間に、第1子を妊娠していることを、「スポーツ報知」がスクープした。同日、佐々木はインスタグラムで妊娠を発表し、「お腹の中に宿った命を大切にしながら秋の出産に向けた時間を過ごしたい」とコメントをしていた。

 追って、現在妊娠3カ月であることも報じられ、ネット上は祝福ムードに包まれたが、一方で、「なぜ安定期に入っていないのに、妊娠をスクープしたの?」「おなかの子どもに何かあったらどうするつもり」「本人たちの発表を待たない理由は?」などと、マスコミに対して批判が噴出。渡部も、パーソナリティーを務める『GOLD RUSH』(J-WAVE)で、妻の妊娠を発表した際、「まだ安定期にも入っていなかったので、時期をみてお伝えしようと思っていたのですが、先に報道が出てしまったので、こういう形での報告となりました」と、暗にマスコミを批判するコメントをしていた。

 過去にも、同様のケースはあり、昨年6月には「女性自身」(光文社)が堀北真希の妊娠をスクープ。この報道を受けて、堀北の所属事務所は、「妊娠初期で大事な時期なので、温かく見守って下さい」とコメントし、夫の山本耕史も自身のブログに「本来であれば安定期に入った段階で、まず会員の皆様にご報告すべきところですが、私たちの意思に反して、この時期に、そしてあのような形で報道されてしまいました」と、マスコミに対する抗議の意をこめた文章をつづっていた。

切迫流産や流産のリスクにもなる

 安定期に入る前に、マスコミが妊娠をスクープする――世間で批判が渦巻くこの行為を、婦人科医はどう見るのか? 成城松村クリニックの松村圭子院長は、きっぱり「医師の立場から言って、やめるべき」と言う。

「まず、妊婦さんは安定期に入るまで、『流産してしまわないか』という精神的な不安を抱えるものです。加えて、つわりが起こったり、また妊娠をするとホルモンバランスが急激に変化し、それは体にとってストレスとなります。こういったストレスは、自律神経の働きを乱しかねないのですが、そこにさらに妊娠スクープといった“ストレス源”になるようなことが起こってしまうのは、母子ともに悪影響。というのも、ストレスがかかると優位になる、自律神経の交感神経には、血管を収縮させる作用というのもあるので、おなかの赤ちゃんの発育にも影響を及ぼしかねない。さらには、切迫流産や流産につながるリスクにもなります」

 松村先生は、安定期前の妊婦にとって“流産の不安”がいかに大きいものかを指摘する。

「安定期というのは、医学的に定義があるわけではなく、一般的には妊娠16週くらいからそう言います。妊娠5カ月以降ですね。流産は、心拍が確認される前、妊娠2~3カ月に起こりやすいとされていて、普通は『何があるかわからないから』と、妊娠していても安定期までは周囲に黙っている人が多いのでは。とにかくこの時期は、体も変化していくし、精神的にもデリケートな時期なので、マスコミの方もスクープするのはやめてほしいです。安定期前の妊娠スクープは、妊婦さんにとって何ひとついいことはありません。もちろんマスコミの方にとっては、それがお仕事なのでしょうが、“倫理観を持って”とお伝えしたいですね」

ひよこクラブ 2018年3月号[雑誌]
今後も議論は続いていく予感

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

佐々木希、堀北真希の“妊娠スクープ”、医師は「やめるべき」と警鐘! マスコミの言い分は?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性のカラダ女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!