【シリーズ:SMAPロス】

ジャニーズファン歴36年「SMAPは命の次に大切なもの。嵐には違和感」【SMAPロス取材】

smaloss
私物のSMAPグッズ

 今回登場してくれたのは、SMAP現場歴25年、「シブがき隊→SMAP→修二と彰→ジャニーズJr.ユニット『Love-tune』真田佑馬」に至るまで、ジャニオタ歴はお茶の間ファン時代も含めて36年にわたるというE子さん(カフェ経営/47歳)。

 実は「SMAPの木村拓哉くんと、どんなかたちでも良いから何かつながりたくて」、かつては芸能系の仕事もしていたそう。そんなE子さんに、今の「SMAPロス」を聞いた。

――SMAPの解散をどのように受け止めましたか。

E子 私自身はまだ「終わった」とは思っていないんです。共演者に解散をネタにイジられていることはあっても、本人たちが「解散」とか「元SMAP」とは一度も言っていないので。飲酒事件のときも木村くんの結婚のときも、常に自分たちの言葉で語ってきたSMAPが、ですよ? 2015年12月31日には、SMAPショップ10周にして、これまで一度も足を運んでいなかった中居(正広)くんが、木村くんと同時来店したことがファンの間で話題になりました。さらに大みそかの『CDTV 年越しプレミアムライブ2015→2016』で、SMAPは「STAY」を歌ったんです。なぜ地上波で、あのタイミングで、シングルでもない「STAY」を歌ったのか。これは、「今までずっと自分たちの言葉でファンに向けて発信してきたのに、言えない可能性が高いから、その代わりに」という、ファンに向けてのメッセージだと思うんです。貴乃花親方のニュースを見ても、SMAPと重ね合わせてしまいます。能年ちゃん(現・のん)の事務所独立騒動と同じく、何か大きな力が働いているとしか思えない。

――まだ終わっていないという思いを抱えつつも、「SMAPロス」はどんな症状ですか。

E子 16~17年は「喪に服している」状態でした。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回もいまだに見ていません。もともと仕事もジャニオタ活動を軸にして、現場にいつでも参戦できるようスケジュール管理していたのに、東京ドームの空き状況なども確認する必要がなくなって、働く気力がなくなりました。今は少し持ち直したものの、16年は収入も激減しました。

――これまでの主なジャニオタ活動について、教えてください。

E子 東京でのコンサートは全ステが基本。映画の舞台挨拶、出演舞台の観劇なども含めて基本「現場主義」です。テレビやラジオは半分くらい、CDは購入しますが雑誌は1/3かな。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズファン歴36年「SMAPは命の次に大切なもの。嵐には違和感」【SMAPロス取材】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズSMAPインタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!