その他
【ジャニーズ研究会レポート】

Kis-My-Ft2宮田俊哉、『逃走中』の“ヤラセ疑惑”を否定! ヘタレキャラは「個人的な演出」と説明

宮田俊哉
玉ちゃんの優しすぎるフォローに泣ける……!

 1月6日に放送された『逃走中』(フジテレビ系)に、Kis-My-Ft2宮田俊哉・Sexy Zone松島聡・ジャニーズWEST神山智洋が出演した。放送の中で宮田は、「神山が1番体が動く。守ってもらえないかな。やっぱ後輩は先輩を守るもの」と発言するなど、自己中心的な言動が目立っており、放送終了後には宮田をバッシングする声が飛び交い、ネットが炎上するほど話題になっていた。

 そんな渦中の人物・宮田が、2月7日深夜に放送されたラジオ番組『Kis-My-Ft2 キスマイRadio』(文化放送)にて、この件について直接説明をした。

 きっかけは、リスナーから「『逃走中』すごく楽しかったです。なにかエピソードを聞かせてください」という旨のメッセージが届いたことだった。それを読んだ宮田は、「結構反響いろいろあって……どうだった逆に?」と、一緒にパーソナリティを務めていた玉森裕太に感想を求める。玉森は「まあ、バラエティだしさ、そっちの方に徹したんだなってのはさ、やってる側(出演者)はわかるじゃない見てて」とフォロー。しかし「宮田ってキャラを知らない人は、初見であれ見たら、『おいおい、どうした?』ってなるかも」と、今回ネット上が炎上してしまった原因をわかりやすく説明していた。

 これに対し宮田は、「『何としてでも爪痕残してやろう』と、聡くんと神山と話してて。せっかくジャニーズ3人出てるし、3人とも違うグループだから、なんかやりたいねって話をしてたの」と、事前に3人で打ち合わせをしていたことを打ち明ける。そして、神山は“ヒーロータイプ”、松島は“正統派”、宮田は“ヘタレキャラクター”と、役割分担を決めていたことを明かした。3人は協力してハンターから逃げきる予定だったそうだが、松島と神山が先に捕まってしまい、宮田は1人で逃げることになったそう。キャラは決めたが予定通りに展開が進まなかったため、「想像以上に叩かれまして」ということのようだ。

 この炎上騒動は宮田自身の耳にも届いており、放送日は「なかなか寝付けなくて、ひとりで深酒した」ほど落ち込んだだよう。玉森は「メンタル弱っ!」と茶化しつつも、「記憶に残ってるワケですからね、その人たちの。オレは別にいいと思うんだよね。わかってる人はわかってるからさ」と宮田を励ました。番組側の“ヤラセ疑惑”も飛び交っていたが、宮田は「個人的な演出だから」「だって目立ちたいんだもん!」と真相を暴露していた。ちなみに、出演者との関係性は悪くならなかったようで、収録後は仲良く帰宅したそうだ。

 炎上するということは、ある意味注目された証拠でもあるだろう。深酒をする程落ち込んだというが、これで気を落とさず、バラエティで輝く“宮田スマイル”を見せてほしいものだ。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

Kis-My-Ft2宮田俊哉、『逃走中』の“ヤラセ疑惑”を否定! ヘタレキャラは「個人的な演出」と説明のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ宮田俊哉のニュースならサイゾーウーマンへ!