気持ちいい使い方とはこのこと

『マトリックス』スタッフに77億円あげるキアヌ、親友に家族旅行をおごるオプラ……ハリウッドセレブの“太っ腹”伝説

■キアヌ・リーブス“いいやつ”伝説は日々追加

 キアヌは、03年に「自分にとって最後まで心配いらないのは金だ。今後数世紀暮らせるほどの大金を稼いだからね」と語っている。大金持ちでも、使用人をたくさん抱えた豪邸に住み、高級車に乗ってプラベートジェットで飛び回る暮らしをしていたらすぐに底をつくが、彼はずっと生活スタイルを変えない。服装は質素、地下鉄にも普通に乗り、なんなら荷物の多い女性には席を譲るし、飛行機に乗るときもクラスにはこだわらない。先日、ある男性が空港のチェックインカウンターで荷物の重量オーバーで超過料金を請求されて困っていたところ、後ろに並んでいたキアヌが「じゃ、自分が」と代わりに支払い。機内でも男性との記念撮影に、にこやかに応じた。その写真がフェイスブックに投稿されたのだが、ネット民たちは「キアヌが乗ってるの、エコノミーにしか見えないんだけど!?」と驚愕。ファンは「彼らしい」と大喜びした。

 最近では、映画『エクスポーズ 暗黒の迷宮』(16)の打ち上げパーティーに出席する際、主演なのに、みんなと一緒に入場待ちの列に20分も並んで会場入りしたエピソードもある。「おごらず、偉ぶらず、フレンドリー」だと評判だ。7年前、米大型掲示板Redditで、小道具デザイナーのアシスタントとして、映画撮影現場の「下っ端の下っ端」として働いていた男性が、『チェーン・リアクション』(96)撮影中に「キアヌが数週間にわたって、我々下っ端のスタッフたちに朝食と昼食を振る舞ってくれた。普通に会話もしてくれるし、困っている人を車で送ってくれた。その後も長い間、自分は下っ端として働いたけど、そんなことをしてくれたのはキアヌだけだ」と告白。『マトリックス』(99)のセットを組み立てる仕事をしていた友人を持つ人も、「友人が金銭的に困っていると人づてに聞いたキアヌが、『クリスマスだからボーナスだよ』って2万ドル(約218万円)を手渡してくれたと感謝していた」と明かし、「キアヌの悪い噂は本当に聞かない」とネットは盛り上がった。

『マトリックス』では、続編を撮影したオーストラリアのスタントマンチームに感謝したキアヌは、一人ひとりに6,000ポンド(約93万円)するハーレーダビッドソンのバイクをプレゼント。それだけでなく、映画の衣装や特殊効果部門で働く人たちで分けてほしいと、自分のギャラのうち5,000万ポンド(約77億円)を提供した。

 最愛の妹が白血病だったことから病院に大金を寄付したり、そんなポンポンと大盤振る舞いしていたら資金が底をつくのではと心配してしまうが、キアヌの場合は心配無用。彼は『マトリックス』シリーズに出演する際、出演料のほかに興行収益の15%を得る契約を結び、少なくとも2億6,000万ドル(約283億円)稼いだと見られている。映画の関連商品であるゲームやDVDの収益も含まれるため、今も大金が流れ込んでいると伝えられているのだ。

 ホームレスと親しげに話をしたり、一人で公園のベンチに座り、孤独にサンドイッチを食べるなど、ハリウッドを代表する“セレブらしくないセレブ”のキアヌだが、総資産はなんと3億6,000万ドル(約393億円)。今後も撮影現場のスタッフたちにも大盤振る舞いしてくれることだろう。

■大親友の家族旅行をおごり同行するオプラ・ウィンフィリー
 オプラは、先日開催されたゴールデン・グローブ賞で功労賞に輝き、「セクハラ、性差別、人種差別撲滅のために戦おう!」と呼びかける感動的な受賞スピーチを行い、「2020年の大統領選にぜひ出馬してほしい!」と全米を沸かせている。

 国民的トーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』でカリスマ的人気を得た彼女は、実業家としても大成功を収め、総資産は29億ドル(約3,162億円)。積極的にチャリティーに寄付したり、慈善活動行ったりして社会に還元している。才女で億万長者でも気取らない。ほとんどのアメリカ人は、彼女の意見に耳を傾け、受け入れ、絶大なる信頼を寄せている。08年にオバマ大統領が黒人初の大統領になれたのも、強い影響力を持つオプラが応援したおかげだと言われているほどだ。

 これだけの大金持ちだと、孤独に陥ったり人間不信になりそうだが、彼女の場合は大丈夫。40年来の大親友がいるからだ。テレビ番組司会者でジャーナリストの、ガイル・キングという女性だ。2人は社会に出て間もない1976年、ボルティモアのテレビ局で同僚として知り合った。オプラは夕方6時のニュースアンカー、ガイルはプロダクション・アシスタントとして働いており、2人はすぐに意気投合、無二の親友になった。オプラがシカゴ行きを決意した時、誰もが「黒人女性のトーク番組なんて誰も見ない」とバカにしたが、ガイルだけは「絶対に成功する」と応援し続けてくれたと、オプラは明かしている。

 オプラのプライベートなパパラッチ写真には、高確率でガイルが写っている。高級リゾートでのバケーションにも同行し、1泊1万ドル(約109万円)するホテルのスイートに一緒に滞在。プライベート・ジェット機にも一緒に乗り、高級レストランにも一緒に行く。もちろん支払いはオプラで、世間は「レズビアン関係にあるのでは?」ともうわさするように。このうわさは根強く、今でもささやかれているが、ガイルは「もし私たちがレズかバイだとしたら、絶対に言うわよ。言わないわけないじゃない」と笑い飛ばしている。

 ガイルはバツイチで2人の子持ちである。子どものゴッドマザーはもちろんオプラ。オプラ自身には子どもがいないため、彼女が亡くなったときにはガイルの子どもたちに多額の遺産が渡るのではないかとうわさする者がいる。子どもたちは年齢が11カ月しか離れておらず、ガイルがパニックになりながら子育てに奮闘していた時期、オプラから「最高のプレゼントをもらった」という。なんと、住み込みのナニーを雇い、彼女の家で働くように手配してくれたのだ。このような「プレゼント」を、オプラはガイルに与え続けているのである。

 ガイルの60歳の誕生日には、彼女と彼女の姉妹家族全員にハワイ旅行をプレゼントしている。オプラも同行し、オプラの支払いで全員が豪華バケーションを楽しみ、ガイルの誕生日をお祝いした。ガイルには湯水のような金を使うオプラなので、「ガイルはジャックポットに当たったんだ」とやっかむ者もいるが、これを聞いたオプラは「私は彼女のためだったら、なんでもする。彼女も私のためだったら、なんでもしてくれる。お互い敬意を持って付き合っている、最高の関係なのよ」と激怒。「今の自分がいるのは、無名時代からずっと信じて応援してくれたガイルのおかげだ」と断言し、「これからも彼女のためならなんでもする」と宣言した。ちなみに昨年のガイルの誕生日には、彼女が大好きな料理をたくさんそろえたバースデーディナーを用意していた。

 もしオプラが20年の大統領選に出馬したら、ガイルは必ずそばでサポートするだろう。彼女の存在は必ず話題になるはずなので、今のうちから要チェックだ。

太っ腹対談
ニコケイ、最近はさすがに無駄遣い話聞かないわね

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『マトリックス』スタッフに77億円あげるキアヌ、親友に家族旅行をおごるオプラ……ハリウッドセレブの“太っ腹”伝説のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブジョニー・デップジョージ・クルーニーニコラス・ケイジキアヌ・リーブスオプラ・ウィンフリージェニファー・ハドソンアデルのニュースならサイゾーウーマンへ!