[女性誌速攻レビュー]「GINGER」2月号

「GINGER」、“女が惚れる女”のファッションで大迷走!? 「もはや仮装」のトホホな展開に

ginger201802
「GINGER」2月号(幻冬舎)

 ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)の小悪魔ヒロイン・サエコさんを皮切りに、映画『シン・ゴジラ』ではバイリンガル米大統領特使カヨコ・アン・パタースン、ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール』(日本テレビ系)ではド派手ファッション女・河野悦子、そして現在放送中のドラマ『アンナチュラル』(TBS)では悲しい過去を持つ法医解剖医・三澄ミコトと、個性的で癖のある役柄を演じ続けているさとみ。

 どの役も高評価で、まさに今月号のインタビューページに添えられたキャッチコピー「変幻自在。いつも真新しい女(ひと)」通りの演技力に脱帽です。しかし、その姿を読者に対して「自由」で「媚びない」生き方として提示してしまうのは、ちょっと違う気もします。だって彼女は女優の仕事を全うしているだけだから……。もし職場に毎日まったく違うイメージの女がいたら、「自由でカッコイイ!」とあこがれるどころか、「情緒不安定なのかな?」「迷走してるのでは?」と心配になっちゃいますよね。それでは、早速中身を見ていきましょう~。

<トピックス>
◎強さと女っぽさのベストバランス
◎夏木マリという生き方
◎強運にのる9のアクション

■媚びたくないのに媚びてしまう

 最初に見ていくのはメインファッション企画「強さと女っぽさのベストバランス」です。こちらも今月の特集テーマを念頭に「同じ女性で惚れこんでしまうような、キレ味のいい女っぽさはどうすればいいの?」と始まります。「必要なのは、甘さ控えめな色っぽさ」だそうで、「メンズ風味な服をレディに着る」「色で少量のエッジを加える」「柄モノでも品をキープ」といったアドバイスは、まあ、わかります。ゆるいシルエットのカーゴパンツもアシンメトリーの小花柄ワンピースも、可愛い。

 しかし「プレーンな服に小物だけ超トレンド」「甘ディティールは“大袈裟”がルール」「セオリー度外視の自由なMIX感」あたりから、よくわからなくなってきます。紹介されている「コルセットベルト」「ジョッキー帽」「BIGボウ(ボウタイリボン)」といったアイテムは、一般人には使いこなすのが難しそう。一歩間違えば仮装アイテムです。でもオシャレに着こなせていれば女モテ……するのか? とりあえず、男モテは完全に捨ててそう。

 「GINGER」女子が恋愛下手なのは過去のさまざまな企画により明らかですが、ここにきて唐突な「女が惚れる女」特集。ついに恋愛を捨てたということなのでしょうか。まあ、恋愛なんてしたい人がすればいいわけで、趣味みたいなものですから、それは別にいいのです。ただ、やはり「GINGER」女子は「誰かにあこがれられたい」という欲求は捨てきれないものなのですね。もちろん「こんな人になりたい」という目標を立てるのは悪いことではありません。最初は真似をすることから始めるのもいいでしょう。しかし、もっと自由な気持ちで、自分が好きだったり似合う服を着たり、自分の好きなことをすることが、結果として周りの人々から好感を持たれるのではないか、と思わずにいられません。というか、他人に好かれるような服や行動を選択することは、それこそさとみに投影している「媚びない」イメージとは魔逆で、「媚びてる」ってことなのでは……。

夏木マリにあこがれるメンツが匂うわ~

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「GINGER」、“女が惚れる女”のファッションで大迷走!? 「もはや仮装」のトホホな展開にのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! GINGER女性誌レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!