吉岡の下着姿も話題に

吉岡里帆『きみが心に棲みついた』初回9.4%! 「胸クソ悪い」「DVを肯定?」と相次ぐ反発

1801_kimiga_1
『きみが心に棲みついた』(TBS系)公式サイトより

 女優の吉岡里帆が連続ドラマ初主演を飾った『きみが心に棲みついた』(TBS系)の第1話が1月16日に放送され、平均視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)に留まった。TBSの火曜午後10時枠のドラマといえば『逃げるは恥だが役に立つ』や『あなたのことはそれほど』と話題作が続いているだけに、不安を残すスタートになっている。

 同ドラマは、現在、女性向け漫画雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載されている天堂きりんのコミック『きみが心に棲みついたS』(祥伝社)『きみが心に棲みついた』(講談社)が原作。自己評価が極めて低いために、他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子(通称:キョドコ/吉岡)が、2人の対照的な魅力を持つ男性の間で揺れ動くさまを描く。率直で明るい編集者の吉崎を桐谷健太、今日子の大学時代の先輩で、加虐的な面を持つ星名を向井理が演じている。

「第1話では、今日子が合コンに参加して吉崎と初対面し、厳しい言葉を投げかけられながらも惹かれていく様子が描かれました。吉崎に交際を申し込み、前向きになろうと決心する今日子でしたが、大学時代に好きだった星名と偶然再会して、不穏な展開に。実は今日子は、星名にストリップを命じられたり、髪を切り落とされるなど、手酷く虐められた過去があったのです。同枠ドラマとしては『カルテット』や『あなたのことはそれほど』に続くような愛憎劇になりそうで、視聴者からは『どんよりしすぎで、見ててツラい』『よくこんな気分悪くなるDVドラマ、よく作ろうと思ったな。次回はもう見ないよ』と厳しい評価が噴出しています」(芸能ライター)

 第1話にして視聴者から酷評を受け、視聴率も2ケタに届かず。ストーリーの批判に加えて、役者に対する厳しい意見も飛び交っている。

「今日子を陥れるクズ男・星名を演じた向井については、概ね好評のようでした。『怖すぎだろ、ホラー映画かよ』『向井理の性悪クズ演技、良いじゃないか』『向井さん、よくこの役を引き受けたなぁ。でもほんとハマり役な気がする』と狂気的な演技に評価が高まっています」(同)

しかし、連続ドラマ初主演となった吉岡や、熱血漢のイメージが強い桐谷には、拒否反応を示した視聴者が多かったようだ。

「ネット上では『吉岡の演技がヘタであんまり内容が入ってこなかった』『この演技力で、よく主演になれたな』『吉岡も桐谷も色気がある役者ってわけじゃないから、胸キュンも何もない』『桐谷は、こういうドラマのイメージじゃないだろ』といった“ミスキャスト”を指摘する声が相次ぎました」(同)

「胸クソ悪い」「DVを肯定している」といった感想も飛び出している同ドラマ。視聴者が徐々に魅了されるストーリーとなっていくのか、今後のエピソードに期待しよう。

吉岡とキョドコは正反対の性格だと思う

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

吉岡里帆『きみが心に棲みついた』初回9.4%! 「胸クソ悪い」「DVを肯定?」と相次ぐ反発のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビ芸能ウラ情報視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!