"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【年末番外編】

飯島三智氏「逆襲劇」、小林麻央さん「強い共感」、伊藤詩織さん「実名告発」……2017年の“女”を斬る!

2017/12/26 21:00

女性から共感を呼び、影響力、発信力を持つ強い女

 奇跡が起こることを願いながら、しかし6月についに力尽きてしまった小林麻央さん。しかし、その闘病の様子は自身のブログや、夫・海老蔵のブログ、そしてテレビドキュメンタリーなどで、多くの人々に共有され、共感と影響力を持ったのではないか。

 思えば、麻央さんの人生はさまざまな“物語”に彩られていた。姉妹揃っての人気アナウンサーから、名門梨園の御曹司でプレイボーイと知られた海老蔵との結婚。だが、盛大な披露宴を行った直後、海老蔵が西麻布で関東連合メンバーから暴行を受けるという大事件が勃発。世間からの批判の中、夫を支え続けた。そして2人の子宝に恵まれる。幸せ、勝ち組の絶頂に思われたが、しかし、それもつかの間、病魔に襲われてしまう。

 その後の壮絶な闘病が明らかになっていくが、今年6月、夫と幼い2人の子どもを残して逝去――。その直前、ドキュメント『市川海老蔵に、ござりまする。』(日本テレビ系)で家族への思いを病室で語った麻央さんの姿は、大きな反響を呼び、さらに跡取り息子・勸玄くんや、弟を支える姉・麗禾ちゃんの様子が海老蔵のブログで日々アップされ、その愛くるしさ、けなげさも人々の涙を誘った。

 現在でも麻央さんのブログにはさまざまなコメントが投稿され、過去のブログは英訳され世界に配信されている。多くの人々が麻央さんの言葉や人生から、さまざまなことを汲み取っている。特に女性から共感を呼び、そして影響力、発信力を持つ強い女性だったと思う。あらためて、そのめい福を祈りたい。

◎捜査や司法システムの問題、性被害に対する意識変革まで切り込んだ女
 今年はアメリカのエンタテインメント界を中心に、大物男性へのセクハラ・パワハラ告発が大きなムーブメントとなり、女性に対する性被害と人権無視が大きな話題となったが、日本でも注目すべき事件があった。

 被害に遭ったジャーナリスト・伊藤詩織さんのレイプ告発だ。

 ことの発端は、5月に発売された「週刊新潮」(新潮社)に掲載された、あるレイプ事件とその顛末についてだった。記事には“安倍首相にもっとも近い”という振り込みで売り出し中だった元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏が、就職の相談で会った詩織さんをホテルに連れ込み、レイプしたというもの。さらに逮捕直前に不可解な“圧力”で、逮捕は見送られたという衝撃的なものだった。

 当初、この事件に対してマスコミの反応は鈍かったが、詩織さんはあえて実名、顔出しで記者会見を行い、反響を呼ぶ。もちろん政権に“忖度”するメディアも多かったが、詩織さんは、その後も著書『Black Box』(文藝春秋)を刊行、性犯罪被害者がタブー視される社会的な不条理さ、デートレイプドラッグのこと、そして捜査や司法システムの問題、そして性被害に対する意識変革までを訴えていく。

 被害者がここまで訴えなければ、何も動かない。日本の絶望的状況が浮き彫りになった一件だったが、しかし、そこに切り込んだ詩織さんの存在は大きい。

 ジャーナリストとしての詩織さんの今後の活躍を期待したい。

最終更新:2017/12/26 21:00
Black Box
2018年はますます強い女が登場しそう!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

飯島三智氏「逆襲劇」、小林麻央さん「強い共感」、伊藤詩織さん「実名告発」……2017年の“女”を斬る!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL