【ジャニーズ研究会レポート】

東山紀之、ジャニーズJr.と「バチバチした関係になりたい」!? “レジェンド”が後輩から慕われるワケ

東山紀之
ヒガシはこういうヤンチャな後輩大好きだと思うわ

 2018年元日より開幕する舞台『ジャニーズ Happy New Year アイランド』。この舞台はジャニーズJr.40名に加えて、ジャニーズアイドルの“レジェンド”こと、少年隊・東山紀之が出演することでも話題になっている。今回、これまで多くの舞台を経験してきたJr.内の2ユニット「Snow Man」と「SixTONES」が「BEST STAGE」2018年1月号(音楽と人)に登場。東山との共演について座談会を行った。

 舞台『少年たち』シリーズで、すっかり打ち解けた12人。SixTONES田中樹が「信頼関係は強くなってますね」と語れば、Snow Man渡辺翔太が「プライベートでも仲良くなりすぎちゃって(笑)」と合いの手を入れるなど、息もピッタリ。Snow Man岩本照は「力を合わせて挑戦するために、先輩後輩関係なく、ベクトルの方向性が一致して12人の波長が合ってる。だから、オンオフどちらの時間も一緒にいて過ごしやすいのかな」と分析するように、同じ方向を目指して努力できるメンバーが集まっているようだ。

 東山から「同じ板の上に立ったら闘うつもりでやるから、みんなもどんどん意見を言ってくれ」と言われたことを受けて、Snow Man阿部亮平は「僕らを引っ張ってくれるだろう、って想像していたから。それが、僕らとバチバチした関係になりたいだなんて」と驚きがあったものの、「パワーアップしたところをお見せしないと」(Snow Man宮舘涼太)、「東山さんと一緒に、台宙とかできたらいいなぁ~」(Snow Man佐久間大介)と、それぞれが意気込みを語る。

 せっかくの機会だからと、「東山からいろいろ学びたい」と前のめりになる12人。しかし気づけば、「どうやってお近づきになるか」という作戦会議に発展していく。「俺、(ごはん連れて行ってくださいって)お願いに行く!」と宣言したのは、これまでKinKi Kids堂本剛やV6三宅健など数々の先輩ジャニーズにアプローチをしてきた、Jr.の中でNO.1 のコミュ二ケーション力の持ち主であるSixTONESジェシーだ。また、ヤンチャなことでも息ピッタリな12人。ジェシーの発言にSixTONES森本慎太郎が「終演後すぐの楽屋に行ってみる?」とあおると、佐久間が「せっかくの機会だから、ここはガンガン行こうよ」とノリノリの様子。

 佐久間もジェシーに負けず、Kis-My-Ft2宮田俊哉をはじめとする先輩たちにかわいがられる“後輩キャラ”。「食べ物、何が好きですか? って聞いて、連れて行ってください! っていう流れにね」と、具体的なトークマニュアルまで披露する佐久間に、SixTONES松村北斗が「青汁って言われたら?」と茶々を入れると、「美味しい青汁を飲みに行く」と即答してみせる。まさに“後輩の鑑”ともいえる言動である。

 そんな佐久間の指南により、12人は東山と距離を縮めることができるのか。舞台裏の攻防にも注目が集まる。

そのうち佐久間に新書随筆のオファー来るのでは

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

東山紀之、ジャニーズJr.と「バチバチした関係になりたい」!? “レジェンド”が後輩から慕われるワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ東山紀之ジャニーズJr.のニュースならサイゾーウーマンへ!