[ジャニーズ・メディアの裏側]

ジャニーズイチの”地味キャラ”に異変!? 中丸雄一がゴリ押しされだした理由

1712nakamaru
ふつうっぽいのが長所ですから

 SMAP分裂騒動から、すっかり“ブラック事務所”のイメージが世間に広まってしまったジャニーズ。そんな中、スキャンダルとは無縁のアイドルが「ようやく陽の目を見るかもしれない」と言われているようだ。その人物はKAT-TUNの中丸雄一で、かねてから「よく言えば優等生で、逆に言うと『特徴がない』と業界内でも指摘されていた」(アイドル誌記者)ものの、今年に入ってからは目に見えて“変化”しているという。

 2006年のデビュー時から爆発的な人気を誇っていたKAT-TUNは、一方でメンバーのスキャンダルも大きく報じられ、ジャニーズからの退社や解雇も相次いだ。

「スタートは亀梨和也、赤西仁のツートップが、ファン人気を支えていたのですが、どれだけメンバーの変遷を経ても、中丸にはメインでスポットライトが当たらなかった。現メンバー内でも、アイドルの王道を行く亀梨、アスリート志向が注目される上田竜也に比べて、中丸は突出した部分がありません。さらに、人気や実力といった面だけでなく、目立ったスキャンダルも出していないとあって、良くも悪くも中途半端な立ち位置だったんです」(同)

 ところが今年、初のゴールデンMCとなる『世界ルーツ探検隊』(テレビ朝日系)が発表されて以降から、少しずつ風向きが変わっていったようだ。

「同時期には、主演ドラマ『マッサージ探偵ジョー』(テレビ東京系)も始まり、ピンで取材を受けるような場面も少しずつ増えていきました。相変わらず、インタビューなどでは可も不可もない回答を、静かに淡々と、ボソボソしゃべるばかりで、初めて中丸をインタビューした編集者が『つまらないアイドル』とこぼしていたほど。確かに、仕事も取材もとにかく受け身で、若いタレントとは思えない謙虚ぶりですからね」(同)

 しかし、ピン仕事の増加に伴って、12月1日発売の「フライデー」(講談社)にも、中丸の“異変”を感じさせる記事が掲載されていた。

「元SMAPの動向に関する記事内で、10月に行われたテレビ朝日の懇親会に、中丸がサプライズゲスト出演したと書かれていたんです。こういった、業界内の“お付き合い業務”は、これまでならKAT-TUNでは亀梨、あるいは生田斗真や嵐・松本潤らが、優先して参加していたものですが、こうしたシーンで中丸の名前が出てくるのは、相当珍しい事象といえます」(スポーツ紙記者)

 デビュー11年にして、“目に留まらないアイドル”中丸が推され始めたことは、スキャンダルを恐れるジャニーズの“意識改革”の影響なのかもしれない。

タナボタでも、売れたもん勝ち!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズイチの”地味キャラ”に異変!? 中丸雄一がゴリ押しされだした理由のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズKAT-TUN中丸雄一のニュースならサイゾーウーマンへ!