真夏の衝撃スキャンダル

“ニャンニャン流出”の女性タレントK、半同棲がウワサされた「超人気ジャニーズ」とは?

2017/07/30 11:45
janikitagawa03
若い子たちに「変な写真は撮っちゃダメ」と指導お願いしますね!!

 “ニャンニャン写真流出”がウワサされていた女性タレント・Kについて、昨年、一部芸能マスコミの間で、ある男性との交際がウワサされ、取材が極秘裏に展開されていたという。2014年に“モデル風男性”との交際を「フライデー」(講談社)に激写されているKだが、昨年浮上していた“お相手”は、超人気ジャニーズタレントだったという。

 7月29日発売の「実話ナックルズ」(ミリオン出版)では、Kとされる女性がサッカー選手とともに、仲睦まじい様子で寄り添っている写真を掲載。中には、2人が温泉に入っている全裸写真まであり、業界内外で波紋を呼んでいる。

「撮影されたのは6年前とされており、Kとされる女性と男性は、すでに深い関係ではなくなっています。直近ではまったくと言っていいほど、スキャンダル報道は出ていないKですが、昨年、ある男性との“半同棲疑惑”が浮上していたんです」(写真誌記者)

 なんでもマスコミ各社が、若手ジャニーズ・Yの取材をしている際に、突然Kの名前が浮上してきたという。

「当時、Yはドラマ出演で知り合ったという別の女優と交際中といわれていましたが、破局が明らかになるとほぼ同時に、『Kを何度も自宅に招いているのではないか……』との情報が広まったんです。両者の共演はそこまで多くはないものの、もともと2人は同じ学校を卒業しているし、Kはジャニーズタレントとの共演が多いだけに、プライベートで交流を持つ可能性は否定できない。それだけに、一時期はYのマンションに張り付いている社も多く、Kが1人で中に入っていく様子もキャッチしていました」(同)

 しかし結局、YとKの交際報道が世に出ることはなく、関係が続いているのかもわからないままだ。

「同時期、Yは下半身スキャンダル疑惑がネット上で浮上していたため、プライベートでの行動には、細心の注意を払っていた模様。ジャニーズサイドも、かなりナイーブになっており、どれだけ取材しても情報を得ることが難しくなってしまったことから、マスコミ各社は取材をやめてしまったんでしょう」(同)

 その一件以来、“ジャニーズキラー”とウワサされるようになったというK。今回の流出とは、因果関係はないものとみられるが、隠された“裏の顔”が浮き彫りになりつつあるようだ。

最終更新:2017/07/30 11:45
JOHNNYS' Worldの感謝祭 in TOKYO DOME [DVD]
ジャニーズにまで飛び火するなんて!?

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

“ニャンニャン流出”の女性タレントK、半同棲がウワサされた「超人気ジャニーズ」とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズ芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. キンプリ・永瀬、ファンに「やめてほしい!」
  2. 嵐・二宮『夜会』企画に非難続出
  3. 元キャバ嬢・桜井野の花、エンリケとトラブル
  4. 『イッテQ!』スタッフ「あり得ない」ミス
  5. 実は“高学歴”な俳優3人
  6. 【100均ずぼらシュラン】週間まとめ4/26〜5/14
  7. 美 少年の「インパクト強すぎ」サムネ画像が話題! なにわ男子がジャニーさんに“よくもらった”ものとは?【ジャニーズJr.チャンネル週報】
  8. 今、メルカリでアクセが安く買える!
  9. 皇族の結婚破棄トラブル実例
  10. なにわ男子・西畑、“癖”を指摘され赤面!
  11. 『シンパイ賞!!』“テコ入れ”失敗!?
  12. 木村一家が「いい家族」になりきれないワケ
  13. 元女囚が語る「薬物依存更生」への苦しみ
  14. 結婚相談所とタップルの同時婚活スタート
  15. 大人気の「茂木和哉」、【サビ落とし】の実力を試してみた! 10年モノの自転車がたった10分で……びっくりする結果に!
  16. 声優が変わってショックだった国民的アニメ
  17. 撥水・UV、バックにもなるアノラックパーカー
  18. 「ジャニーズを辞めないほうがよかった退所者」トップ3! 山下智久&渋谷すばるを抑えた第1位は?【ジャニーズファン世論調査】
  19. 有村昆、活動自粛は“余罪発覚”回避目的か
  20. セクゾ・松島、楽屋で“ふまけん”のアレを目撃
COSME JOURNAL