管理栄養士・木下あおい先生に聞く 第2回

食べると肌がきれいになる!? 管理栄養士が語る、発酵食品の効果

kinoshitaaoi1
管理栄養士の木下あおい先生

 気温が上がり、薄着になると、気になるのは肌のコンディション。ツルツル、スベスベの美肌には憧れてしまいますよね。では、美肌づくりに効果的と言われる食べ物をご存じでしょうか? それは「ぬか漬け」。しかも、手が汚れずたった1日漬けるだけでおいしいぬか漬けができちゃうキットがあるんです。そんな「天然酵母入りぬか床セット」を監修した、管理栄養士の木下あおい先生に、なぜぬか漬けを食べるときれいになるのか、さまざまな疑問をぶつけてみました。

【疑問1】ぬか漬けは、なぜ美容にいいの?

「ぬか漬けは発酵食品です。発酵菌という菌の力で、食材の栄養価とうま味が増加します。特にぬか漬けは植物性の乳酸菌が豊富。乳酸菌は腸の働きを整え、免疫力を高める働きがあるのですが、免疫力が向上すると、病気予防やアンチエイジングにも効果があるといわれています。野菜だけをそのまま食べても、乳酸菌の摂取は難しいけれど、ぬか漬けにすることによって乳酸菌をたっぷり体に取り込むことができるんです。そのうえ、発酵によって新陳代謝を促すビタミンB群の含有量も増加します。乳酸菌できれいになった腸で、貴重なビタミンやミネラルを吸収して肌のターンオーバーを促進すれば、自然と美肌がかなうというわけです」

【疑問2】ぬか漬けが健康にもいい理由は?

「ぬか漬けは、ビタミンB群の中でも、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1が豊富に含まれます。ビタミンB1は皮膚や粘膜の健康維持を助け、疲労を回復させる栄養素。特に、これから暑くなる季節には、おすすめですよ。ビタミンB1は玄米などにも含まれるのですが、精米する過程でそぎ落とされてしまうので、日本人に不足しがちだといわれています。白米とぬか漬けを一緒に食べれば、おいしくビタミンB1を補って、白米をエネルギーに変えてくれるんです。だから、“白米は太る”と思っている方にこそ、ぬか漬けをおすすめします」

【疑問3】ぬか漬けをたくさん食べれば、どんどんキレイになれる?

「もちろん食べ過ぎはNG。食事の塩分が高まれば、違うリスクが出てきてしまいますから。腸内環境は日々変化するので、少しずつ取り入れて、腸内のリズムを整えてくださいね。ぬか漬けは“天然のサプリメント”の感覚で、毎日少しずつ。そういうときにおすすめしたいのが『天然酵母入りぬか床セット』です。冷蔵庫に余った野菜を、ぬか床の袋にポイっと入れておけば、天然酵母の力で翌日には美容と健康にいい天然のサプリメントの出来上がり。食材の色も鮮やかなままキープしているので、お弁当の彩りにもぴったりです」

木下あおい
(社)日本インナービューティーダイエット協会理事長、インナービューティープランナー、管理栄養士。女性の内側からの美を追求し、腸に優しい健康食を提案。運営するダイエットサロンは予約が取れないほどの人気。著書に『人生を変えるレシピ』(宝島社)など。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

食べると肌がきれいになる!? 管理栄養士が語る、発酵食品の効果のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!