今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

菊川怜の結婚相手をめぐる、『とくダネ!』の思惑

kikukawarei02
『菊川怜の数学生活のススメ』(日本文芸社)

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎おめでとうございます
 菊川怜、結婚。カカクコムでは比べられないレベルの資産家と。「お相手は?」「一般の方です」のやり取りの白々しさには、もうこちらに帰ることはないという、「脱・一般社会」の意識すら漂うが。今後、「クックパッドの創業側VS経営側、泥沼の争い」なんてニュースに『とくダネ!』(フジテレビ系)はどう対応するのか。ま、「報道しない」って選択なんだろうけど。

 結婚発表当日の生放送、本人の菊川よりも、「これを機にぜひ社長とお近づきに」という小倉智昭の鼻息の荒さの方が悪目立ちしていたが。結婚式でも前に出て仕切ろうとして、うっとうしがられて疎遠に、というラインが目に浮かぶ。もうワンマンに気を使いながらコツコツ働く必要もないしな。「卒・小倉」の日は近い。

◎募る期待
 泰葉、アメブロ退会。スピーディな流れだこと。しかし、泰葉と養子縁組した坂口杏里という並びはぜひ見てみたかった。山本裕典とか、清水富美加とか、いろんな問題芸能人を拾っては戸籍に繋げて、「養子」という新しい決まり手で、石田純一の牙城を崩す一大ファミリーとして成長してほしかったのであるが。礎で挫ける。残念。

 どうせ「今だから言える真実」を叫ぶなら、なぜ兄ではなく弟が林家三平を継いだのか教えてほしい。小朝より、皆そっちに興味あるから。もういいでしょ、そろそろ。

◎本職の行方
 離婚を発表したココリコ・田中直樹。子どもの親権を元妻ではなく田中が持つということで「……察し」という空気が充満中。遠藤章造のように、イジってもらっておいしい離婚ではないことは確か。まず田中に「イジってもらっておいしく始末」という気概が1ミリもなさそうだしな。「芸人」というより「俳優」「動物ハカセ」の比重が自他共に大きくなりつつある田中。この離婚もきっと真面目な表情でのみ凌ぐんだろう。そしてそのことに誰も違和感を感じていないという。

 今年大みそかの『ガキの使い』(日本テレビ系)に、小日向しえが出るか出ないか。ここに田中の「芸人としての気概」がかかっている気がする。9割9分出ないだろうけど。あとは、良かれと思ったダウンタウン・松ちゃんが、芸人としてのエチケットのつもりでイジってヤケドしないことを祈るのみだ。

mishuran今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

菊川怜の結婚相手をめぐる、『とくダネ!』の思惑のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!