【うわさの会見場から】

AKB48・渡辺麻友、「きりたんぽ騒動」への発言に報道NG! マスコミも呆れるドタバタ劇

AKB48・渡辺麻友、「きりたんぽ騒動」への発言に報道NG! マスコミも呆れるドタバタ劇の画像1
心の中では(マジうぜー)って叫んでそうだけど

 AKB48の渡辺麻友が主演する4月スタートのテレビ朝日系ドラマ『サヨナラ、きりたんぽ』のタイトルが、きりたんぽを郷土食とする秋田県が、男性の局部切断を意味していると抗議し変更になった。渡辺は3月15日に都内で行われた“AKB公認”ファッションブランド「UNEEDNOW(ユーニードナウ)」の記者発表会見後の囲み取材で、この騒動についてコメントした。

「会見では、イベントと関係のない質問は禁止されていましたが、問題のドラマの内容について聞かれた渡辺は、戸惑いながらも『ブッ飛んだラブコメというか……』と答え、タイトル変更については『まだちょっと何も言えない』と困惑。『私もどうなるのか不安な状態です。撮影直前でああなってしまったので、まだ撮影には入っていなくて……。いい方向に転ぶことを願っています』と舞台裏を明かしました。ちょうど同日に報道された、中居正広とAKBの振り付け指導を務める武田舞香の熱愛についても聞かれ、渡辺は武田について『きれいな方です』とリップサービスしていましたね」(スポーツ紙記者)

 不測の事態に、ドラマ現場はかなりドタバタしているようだが、このイベント終了後も、ひと騒動起こっていたという。

「イベントが終了して約5時間後に、PR会社から慌てた様子で、『きりたんぽ騒動と中居さんの件については報じないでほしい』と連絡が入ったんです。しかし、各社ともネット記事をすでに配信した後で、Yahoo!ニュースにもピックアップされていたため、どこもこの要請には従わず、呆れていましたよ。もちろん、件の渦中であるテレビ朝日のワイドショーでは、“きりたんぽ騒動”についての箇所はカットされていましたが……」(同)

 この一件には、AKBのプロデューサーである秋元康にも批判が集まっているが、秋元はタイトルの決定には関わっておらず、「騒動勃発後に知った」という報道も。

「テレ朝側も、早い段階でこのタイトルを不安視していたそうで、各情報番組にはドラマを紹介する際に『きりたんぽ=男性の下半身』とハッキリ説明することは避けるようにとのお達しが回っていたと聞いています」(同)

 こうなると一体誰があのようなタイトルをゴリ推ししたのか、謎は深まるばかりである。

アイドルに突飛なことやらせようとすると失敗するの法則

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

AKB48・渡辺麻友、「きりたんぽ騒動」への発言に報道NG! マスコミも呆れるドタバタ劇のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! AKB48芸能ウラ情報渡辺麻友のニュースならサイゾーウーマンへ!