【うわさの会見場から】

能年玲奈こと“のん”出演イベントで異様な光景――テレビカメラ集結も「オンエアなし」の怪

2015nourenrena
世論を味方につけてるから余裕だよね?

 独立騒動によって改名した能年玲奈こと“のん”が、3月7日に都内で行われた電動アシスト自転車・BESVのイベントに出席した。会場にはマスコミが大勢訪れていたものの、「のんとケンカ別れに等しい状況となっている、大手芸能事務所・レプロエンタテインメントの圧力により、テレビではほとんど放送されなかった」(芸能プロ関係者)という。現在ののんとテレビ局、そしてレプロの三すくみは、例を見ないほどの異常事態になっているというが……。

 のんの独立騒動が勃発したのは2015年。当時所属していたレプロは、一方的な独立だと激怒し、各メディアに「能年を取り上げるな」と圧力をかけ、その影響で露出は激減。16年7月から、のんに改名して再始動を発表したものの、業界から“干された”状態は今も続いている。

「今回のイベントは、テレビだけでなく、新聞やWeb媒体の報道も控えめでした。今もなお、レプロから『のんのことを取材しないでほしい』といった圧力が継続しているんですよ。とりわけテレビ各局がレプロの圧力に屈している理由は、同事務所に新垣結衣が所属しているから。新垣は、昨年の連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で再ブレーク中とあって、テレビ各局は、『レプロに逆らうと、今後ドラマに新垣をキャスティングできなくなる』と恐れているわけです」(同)

 それでも各メディアとも、のんの取材現場には、以前から足を運んでいるという。

「その場で何か大きな発表がある場合や、不測の事態に備えて、各社とも取材には行っています。ただ、そのオンエア自体は、レプロの意向を汲んで控える……という、いびつな状況が生じているんです」(スポーツ紙記者)

 イベント主催側は、この状況をどう捉えているのだろうか。マスコミを呼ぶことはできても、大々的に報道されないのんに対して、マイナスの印象を抱いていてもおかしくはないが……。

「同イベント終了後、一部マスコミが主催者サイドに『のんさんは芸能界でトラブルを抱えていることはご存知ですか?』と質問し、『もちろん。ただ、トラブルとは認識していない』といった回答があったそう。当然、これらのやりとりは、一切報道されることはありませんでしたが」(同)

 また、レプロといえば、今年2月には清水富美加も宗教団体「幸福の科学」への出家を発表していた。

「レプロのホームページには、今も清水やのんが、所属タレントとして掲載されたままになっています。清水は今年5月に契約が終了するといわれているので、それまではレプロのタレントということなのでしょうが、のんに関しては協議が続いているため、いつ削除されるかも不明のままです」(同)

 レプロ側の強い“執念”は見て取れるが、果たしてこの状況で、一体誰が得をするのだろうか。

おい! 幸福の科学が能年玲奈にも便乗してたぞ??

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

能年玲奈こと“のん”出演イベントで異様な光景――テレビカメラ集結も「オンエアなし」の怪のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 芸能ウラ情報女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!