米ではおなじみのおじさんたちのイチャイチャ

「マジで間抜けな奴」! アカデミー賞でも、ジミー・キンメルのマット・デイモンいじりが炸裂

 

MattDamon01
今回はやられちまったマット

 最高賞にあたる作品賞を誤発表してしまうなど、大小さまざまな話題を振りまいた今年のアカデミー賞授賞式。しかし、アメリカ人を最も喜ばせたのは「司会者のジミー・キンメルの、マット・デイモンいじり」だった。

 深夜トーク番組『Jimmy Kimmel Live!』の司会者として国民的人気を集めるジミー。2005年から番組の終わりに「マット・デイモンに登場してもらう時間は、なくなってしまいました」と言うようになり、実際にマットがゲストとして登場した時も「すみません、時間がなくなってしまって」とエンドロールが流れ、ぶち切れたマットがFワードを炸裂させながら、ものすごい剣幕で激怒。「このビーフはマジだ!」と全米が注目するようになった。

 13年にはマットがジミーをガムテープで拘束。ドヤ顔で番組をハイジャックするという形で復讐を果たしたが、その後、映画『ミケランジェロ・プロジェクト』(14)のキャストをプロモーションで番組に招いた時には、ジミーがマットだけ粗末なイスに座らせ、彼が話し始めた時に火災報知器を鳴らし、消火器の粉をぶっかけた。15年には「番組の計らいでカップル・セラピーを受ける」というエピソードを放送するも、2人とも和解する気はなく、対立したまま。16年にも再びカップル・セラピーを受けたが、「ジミーの顔はケツ」「マットの存在はチンコ」と、低レベルな罵り合いを繰り広げて決裂した。

 そのため、ジミーがアカデミー賞の司会者に抜てきされた時、世間は「マットとのビーフが、授賞式でも見られるかも!」と大いに期待した。

 マットは、授賞式前に受けた複数のインタビューで、「(ジミーの司会は)アメリカにとって最悪なことだ」「失敗することを願ってるよ」「自分の席はステージに近いから。近距離でジミーの大失敗を見られるなんて、今からわくわくだよ」とけなしまくった上、「もし奴が仕掛けてきたら、反撃するつもりだ。自己防衛しなければならないからね」と意気込んでいた。

 一方のジミーは、マットをいじる気満々。席順チェックのためにセレブの写真が貼られている授賞式会場でのリハーサル中、マットの写真に落書きをするという小学生レベルの嫌がらせをしている様子をインスタグラムに投稿。「ゲロ作品賞マット・デイモン」というコメントまで添えていた。

 授賞式のレッドカーペットでは、マットが「(ジミーの攻撃を避ける計画は)特に練ってないね。奴は無能だけど、有能な脚本家たちが周りを固めているから」と気が抜けないと語り、「受けて立つよ。荒っぽいことになるかもしれないけど」と笑った。この直後、ジミーは控え室でマットのインタビューを見ている写真をTwitterに投稿し、「レッドカーペットに死刑囚が」とツイート。待ってろよというメッセージに、ネット上は大いに沸いた。

 このように2人のやりとりへの期待が最高潮に達する中、アカデミー賞授賞式の幕が上がったのである。

ジミー流のステマか!?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「マジで間抜けな奴」! アカデミー賞でも、ジミー・キンメルのマット・デイモンいじりが炸裂のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブマット・デイモンのニュースならサイゾーウーマンへ!