『堂々再婚~何度でも結婚できる技術』著者・三松真由美さんインタビュー

「誰でも、何度でも結婚していいんです」バツ3でも幸せになる方法

mimatsu1
二松まゆみ改め、三松真由美さん

 結婚しない「ゼロ婚女性」が増える一方で、芸能界では山口もえや土屋アンナ、千秋など子持ちで再婚する女性が目立つ。こうした傾向は一般の女性にも見られるが、そもそも再婚する女性と、一度も結婚しない女性との違いはどこにあるのだろうか?『堂々再婚~何度でも結婚できる技術』(WAVE出版)を上梓し、ご自身も子連れで3度目の結婚をされている三松真由美(二松まゆみから改名)さんにお聞きした。

■「結婚はムリ」と思い込んでいるのは、世間ではなく自分自身

――国内の夫婦の3組に1組が離婚する時代となり、離婚そのものは珍しい時代ではなくなりました。

三松真由美さん(以下、三松) むしろ今は、初婚の相手と一生添い遂げるほうが難しいのかもしれません。私のようなバツ2や、あるいはバツ3でも幸せな方は、たくさんいらっしゃいます。私は反省だらけの結婚生活を経験し、今とても幸せなので、「結婚は何回失敗してもいいし、自分から動けば幸せになれる」ということを身に染みてわかっているつもりです。これを皆さんに知ってほしくて、本を書きました。バツアリだけではなく、ゼロ婚女子の方も、ぜひ本書を読んで幸せをつかんでいただきたいですね。

――子連れでの再婚、アラフォー以上の初婚は、ハードルがとても高い気がします。

三松 たしかに子連れの場合、「子どもがかわいそうだから」と離婚に踏み切れない方も多いと思います。でも、夫に愛されていない、あるいは夫を愛することもできず、愛されなくて輝いていないママより、生き生きとしているほうがお子さんもうれしいと思います。理解できる年齢になった時に徹底的に話して、もし離婚していなければ、今の幸せはなかったと伝えてください。

 そして、ゼロ婚の方も同様なのですが、「自分はやっぱり結婚に向いていないのでは……」とか「こんなトシだから結婚はムリ」「若い女性には負ける」などと、つい思いがちですよね。けれど、そう思い込んでいるのは、実は世間ではなく自分自身なんですよ。子連れでもアラフォーでも、結婚して幸せになっている方はたくさんいらっしゃいますから。

――なるほど。まずは自分の考えを変えることから始めるべきですね。

三松 そうです。もちろん、離婚はかなり疲れます。私も、身も心もボロボロになりました。でも、離婚は、次の幸せをつかむための投資だと思ってください。詳しくは本を読んでいただきたいのですが、私も過去の結婚の失敗からたくさんのことを学んで、お伝えしたいことはたくさんあります。もちろんゼロ婚の方も、「もういいトシだし、かわいくないし……」と思わないで、幸せな結婚へ向けて歩きだしてほしいです。

ビッグダディはバツ7だっけ?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「誰でも、何度でも結婚していいんです」バツ3でも幸せになる方法のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 結婚離婚インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!