サイ女の朝ドラ通信

『べっぴんさん』すみれの父・五十六“最後の言葉”に視聴者号泣も……さくらの演出に苦言噴出

0207_asadora_1
『べっぴんさん』(NHK)公式サイトより

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『べっぴんさん』(NHK総合/月~土、午前8時) 戦後の焼け野原の中、坂東すみれ(芳根京子)が家族のため、そして女性たちのために子ども服づくりに邁進していく物語。神戸に本社を置く子ども服メーカー「ファミリア」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■2月4日(土)/103話~2月7日(火)/105話
 103話ではすみれの娘・さくら(井頭愛海)が、プロのドラム奏者を目指し、上京を決意した二郎(林遣都)と共に東京に行くと言い出す。すみれは「それで幸せになれるのか」と問うが、さくらは「二郎と一緒ならば幸せだ」と強く反発。そんなさくらにすみれは、妊娠を隠して二郎の前から姿を消している恋人・五月(久保田紗友)のことはどうするのかと問いかける。

 104話では、五月が妊娠していることを知った二郎が、現在五月のいるすみれ宅を訪ねる。しかし、五月は「二郎の重荷になりたくない」と、会うことを拒否。そんな中、すみれの父・五十八(生瀬勝久)が住む近江の実家から電話がかかってくる。

 105話では、五十八が倒れたという連絡が入り、すみれたちは急いで実家へ。夢で亡き妻・はな(菅野美穂)の声を聞き、自分があと少しの命だと知った五十八は、すみれや姉のゆり(蓮佛美沙子)、孫のさくらなど家族たちに想いを伝える。視聴者からは「五十八さんに惹かれて、『べっぴんさん』をずっと視聴していたから、五十八ロスになりそう」「朝から泣いてしまった」「惜しい人が死んでしまう……」と悲しみの声が多数上がり、Twitterでは「五十八さん」がトレンド入りしていた。

 その一方で、五十八がすみれを「誇らしい」と言ったことに対し、不服そうにも見える表情を見せたさくらに、視聴者は猛ブーイング。「すみれを褒める言葉をすんなり聞けないという演出なんだろうけど、不快感を覚える。ほかに表現の仕方があったのでは」「井頭の演技力にも問題があるのかも」など、感動シーンの中、1人だけ様子の違うさくらの演出に苦言が噴出していた。

 これまで『べっぴんさん』を支えてきた年長者・五十八の言葉は、すみれやさくらたちをどう変えていくのか。視聴者の注目が集まっている。

行くなよ行くなよ、東京には絶対行くなよと念じてしまう

しぃちゃん

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

『べっぴんさん』すみれの父・五十六“最後の言葉”に視聴者号泣も……さくらの演出に苦言噴出のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビュー女性タレントべっぴんさんのニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック